2014年03月11日

防災ツールの準備のススメ

 アウトドア好きな人なら,コンパクトストーブ、コッヘル、ライトの類いはお持ちでしょうけど、それらをまとめて格納しているかと云えば?疑問符がつきませんか・・・・どうせなら緊急時にスグ取り出せる様,臨戦態勢でしまっておくのもひとつの手だと思います。
 普段使わないリュックやお古のカバンにでも火力、飲料水(格納容器)、常夜灯、ラジオ、マッチ類などはパッケージしておきたいもの
 例えば我が家の場合は防災用ソーラー発電ラジオ(手回し発電機能つきで携帯充電も可能)乾電池、LEDライト、ライター、コッヘル、カップ類、ガスカートリッジ、みんなバラバラで,いざと云う時とても全部揃いそうにありませんでした。明日にもキャンプにでも出掛けられる様,一度全て揃えてみました。

Imgp1686


 防水マッチ、折りたたみフォーク、スプーン,それに浄水器があればなお結構。非常用に10円硬貨が沢山と,紙幣も少々・・・寝袋と小さくてもテントが揃えば安心感が全然違います。バックパックにも余裕で入る体積、本当はすぐに使えるように、一度シミュレーションして点火、機能確認、できればお味見まで済ませておきたいもの。

 ここまでしなくても,防災に役立ちそうなものはなるべくまとめて収納しておく様に癖をつけるだけでも充分効果的だと思います

| 22:39 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー