2014年03月01日

四勝二敗で圧勝!!

 ソチ五輪も終り、選手達の活躍を記録した写真集が書店にならびはじめています。中でも
アエラ(2月24日発売)
ナンバー/ソチ冬季五輪総集編
サンデー毎日(3月9日増大号)
週刊朝日3月7日増大号の表紙はいずれも真央ちゃんで、
他方
週刊朝日増刊ソチ五輪2014総集編
「サンデー毎日増刊 ソチ冬季オリンピック全記録」
の二誌をかざった羽生くんを圧倒しました。

 シドニー五輪あたりからデジタル一眼レフを使った写真が目立つ様になっていた五輪特集も近年はほぼ全てがデジタル写真で、カメラの性能向上と共に、フィルム時代では考えられなかった高感度、高速シャッターを使った撮影が可能になりました。特に、夜を舞台とした競技の鮮明な写真はデジタル時代ならではのモノ。札幌五輪の頃の写真と較べると、その差は歴然!やっぱり、デジタルカメラは素晴しい、と感服します。

 フィギュア、フリー女子の演技で最高点を獲得したロシアの選手のどこが優れていたのか?採点競技に疎いワタシにはさっぱり判りませんが、それはともかく、真央ちゃん、上村愛子、高梨沙羅、4位に終わりメダルを手にしなくても鮮烈な印象を残した女性たちが際立って目立った今回の大会でした。

| 20:10 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー