2013年10月20日

α・Xの未来

10月も残り半分を切って相次いで発表されたミラーレス一眼レフカメラの新機種
フジのX新シリーズとSONYのミラーレスの「α」
そもそもαのネーミングはミノルタ時代からのαマウントを引き継いで来たもので
逸れをSONY自前のEマウントのブランドに据えてしまったのだから、
この先、旧来のαマウントはどうなるの?と心配になって来ます。

FUJIFILMもコンパクトデジカメからは事実上撤退を表明し
ミラーレス一眼に特化する方針を表明。実際44%が既にミラーレス
と云う現実に目を向ければ,35mmフィルム時代からのマウントには
もはや未来は無いかの様に見える。

我が家のF,K、α、Eosマウント(加えてXも・・・)はこの先、買い替えを
余儀なくされるのか?
Nikon、Canonの両巨頭はどうするのか?今度のボーナス商戦が
限りなく気になるこの頃ではあります。

| 01:12 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー