2013年09月10日

グローバルパンダ出現!?

東シナ海の上空で9日午前、国籍不明の無人機
1機が飛行しているのが確認されました。

航空自衛隊はF15戦闘機を緊急発進させ、警戒に
当たりましたが、領空侵犯はなく無人機は数時間で
同じ経路を引き返したということです。

無人機が東シナ海上空で確認されたのは、これが
始めてです。

勿論、グローバルパンダという名称は、アメリカ軍の
無人偵察機、ノースロップ・グラマンRQ-4グローバル
ホークをもじって私が勝手につけたもので、こんな名前
の無人偵察機は存在しません、

と言うか、目が悪いといわれるパンダですから、偵察機
にこんな名称は絶対付きっこありません。

でも、そう言いたくなるほどこの無人機は機首の形といい、
2枚のV型垂直尾翼といいグローバルホークにそっくりです。
中国は数年前から無人機を保有し、東アジア地域で運用
していることは知られていましたが、その無人偵察機と
思われる姿が防衛省によって公表されたのは今回が初めて
です。

中国国防省は昨夜、「中国軍はこのほど東シナ海で定例
の訓練を実施した」という談話を発表し、無人機が中国軍
のものであることを事実上認めています。

防衛省は今後、戦闘機と早期警戒機の部隊を増強する
方針で、グローバルホークの導入など防衛体制の強化
を目指します。

偵察機というと、これまではパイロットによる長時間の
高高度偵察飛行が行えるロッキードU-2が知られていま
すが、遠隔操縦システムの技術開発が進み現在では
無人偵察機による高度1万メートル以上の上空からの
偵察が主流になっています。

こうした流れに中国側も敏感に反応しているようで、
今後、東シナ海地域における中国側の偵察活動が活発化
するものと思われます。

ちなみに、グローバルホークは、無人機といってもプレデター
などの攻撃能力を備えた航空機と異なり、攻撃能力は
備えておらず偵察だけを目的とした無人機です。

| 09:55 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます。
無人偵察機、性能向上はぜひ平和利用に特化しお願いしたいです。
「なぜわざわざ・・・」も増加中、次から次に繰り出されるので言葉もない状況、個人的にはガンジーの理念をモットーとしているので、最良の言葉を選ぼうとするも対応しきれない思いもします。
・・・ここまで書かせて頂いている最中、TVでも一瞬取り上げられ、祖父が愛読し続けた新聞に掲載されている事も判りましたが、余計複雑な気持ちになりました。
より省力化・高度なオペレーションは賛成・歓迎しますが、人を幸せににする活用を切に祈ります。
最後に、1日早いですが、田中さん、お誕生日おめでとうございます!!

投稿者 ちなみん : 2013年9月10日 12:43

ちなみんさん、ありがとうございます。
ついに60代終盤、ロック世代となりました!
おそらく業界でも数少ない現役放送マンでしょう。こうなったらどこまで行けるか頑張りたい気持ちになるから不思議です。ロックでGO!

投稿者 ホヅミ : 2013年9月20日 12:54

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー