2013年06月17日

改良型リチウムイオンバッテリー

%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%EF%BC%91.jpg

搭載されているリチウムイオンバッテリーの
トラブルで運航が停止されていたボーイング
787の運航が再開され、これまでのところ
改良型バッテリーが起因するトラブルは発表
されていません。

写真は、新たに搭載された改良型のリチウム
イオンバッテリーです。

えっ!でもちょっと変、と思われた方は正解です。

実はこれ、7月13、14日の両日、山梨市の
地域交流センターで開催される「山梨市プラモデル
作品展示会」に出品を予定しているボーイング
787と並べて展示しようと、プラ板から作り出した
改良型リチウムイオンバッテリーの模型です。

787は200分の1のスケールですが、そのまま
スケールダウンして製作すると、バッテリーの長さは
約2.4ミリとなり細かいディテールはほとんど分からなく
なりますので、バッテリーは32分の1のスケールで
製作してあります。

%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%EF%BC%92.jpg

塗装する前のバッテリーとバッテリーを収納する
新しく開発されたジュラルミンケースです。
(大きさは右の百円玉と比べて下さい)

ジュラルミンケースは全面金属製の密閉型ですが、
(排煙のためのパイプは取り付けられている)
模型では内部のバッテリーが見えるように透明
プラスチックで作りました。

実は、この透明のボックス、たまたまこういうものを
作りたいとイメージしていたところ、先日、ニュース
ルームの机の上に転がっていたもので、何と言う
偶然かまさにイメージ通りの形だったので拝借して
しまいました。

何かタオルのようなものを束ねるワッカ状のものだと
思いますが、少々、オーバースケールが気になる
もののそのまま収納ケースに作り変えちゃいました!

ニュースルームでどなたか心当たりの方、御免なさい!

%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%EF%BC%93.jpg

収納するとこんな具合になります。
こうして改めて写真を見て気付いたのですが、1ヵ所
間違いがありました。
バッテリーに取り付けられている持ち運び用のベルト
ですが、向きが立てになっていました。
正しくは横向きに取り付けられています。
展示会までに作り直そうと思います。

%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%EF%BC%94.jpg

一緒に並べるボーイング787です。
ハセガワでは今度、ボーイングのハウスカラーのデカール
で787を発売するようですが、これも作りたいです!!!

| 12:11 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
「縮尺が違う」要因はこちら、ですね。
今拝見しますと、透明のボックス、かなり大きく見えてしまうのですが、機体に収まるとピッタリ、全体から見ると違和感なく仕上がっているのでしょうね。
改良バッテリー起因のトラブル・・・起きませんよう切に祈ります。

投稿者 ちなみん : 2013年6月17日 15:37

ちなみんさん、ありがとうございます。
昨日からパリ航空ショーも開幕し、ライバルの新型機エアバス
A350がデビューしました。
787もおちおちしていられません。

投稿者 ホヅミ : 2013年6月18日 12:32

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー