2013年05月31日

開発中じゃアリマセン?おたく・・・

隔年開催される東京モーターショーに較べて
地味な存在ながらも毎年ヨコハマで開催されるのが
人とクルマのテクノロジー展

自動車メーカーももちろんの事、メーカーに部品を納入する
中小メーカーが一堂に会して先端技術をアピールします
いわばここは自動車産業の未来が垣間見える場所でもあり
クルマのテクノロジーに目が無いオタクなマニアには
とっても気になる存在です。

クルマの技術面では電気自動車はもとより一人乗りの
シティコミュータークラスの最小自動車に開発に
三大メーカー本気で力を入れ始めた様です
走る姿は思いのほか格好いい!

さて、クルマの技術向上の中で、どうしても見逃せないもの
がありました、ホンダが開発中の走行データ解析技術です。
3、11の大災害はクルマで被災する、と云う新たなリスクも
身近な危険として認識を新たにしましたね。

ホンダが今研究しているのは、被災した車両のナビから
履歴データを回収して、津波が来る前に一台ごとに
どんな行動をとったか、どこで渋滞が発生したかといった
実際の記録を蓄積、解析しようというもので、すでに生存者からの
証言との照合作業も行われている様です。TV取材も
進行中で近々、広く一般にも知られる様になる事でしょう

P1160769
今スグ新車の販売に貢献する訳でもなく、
新製品に応用されるかどうかもまだまだ判りません。


ホンダはGPS衛星が飛び始める10年も前から
自前でナビゲーション技術の開発を進めていました。
これらの経験を元にどんな新技術が生まれて来るのか、
ナビゲーション技術がこれからどんな方向へ発展するのか
まだはっきりとは断言出来ませんが、いつの日か
『このナビのお陰で被災しなくて済んだよ〜」
と云った会話が聞かれる様になったら、エンジニアにとても
この上ない幸せとなるかもしれません。

| 19:39 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー