2013年04月29日

山里の桜を満喫!

%E9%AB%98%E5%B1%B1%EF%BC%91.jpg

桜前線も東北から北海道へと移りつつありますが、
気温が低い山間部では、山桜を中心にまだまだ
花見が楽しめます。

先週、信州は高山村の桜めぐりを楽しんできました。

%E9%AB%98%E5%B1%B1%EF%BC%93.jpg

関越道から上信越自動車道に入り、須坂長野東インター
を降りて山間部へ車を走らせると、日本で一番美しい村
連合に認定された長野県高山村に到着します。

高山村温泉郷で知られるこの地域には、樹齢数百年の
しだれ桜を中心とした見事な桜が点在しています。

先ず訪れたのは、樹齢250年の「水中のしだれ桜」です。
はるか彼方に残雪が美しい妙高や戸隠の山々が見渡せる
絶景の地にその桜は満開の季節を迎えていました。

%E9%AB%98%E5%B1%B1%EF%BC%94.jpg

この桜は、「和美(なごみ)の桜」といいます。
高山村役場の近くにあって、個人のお宅の敷地内に咲く
立派なしだれ桜です。

近くにある立て看板には「立入り(小さな字で)大歓迎」と
書かれていて、草花や木の芽を踏まないよう注意して
ご覧下さいとあります。
何と!粋な計らいでしょうか。

和美というのは、このお宅に昔住んでいた女性の名前で、
誕生祝に植えた桜がこんなに立派になりました。

%E9%AB%98%E5%B1%B1%EF%BC%95.jpg

「黒部のエドヒガン桜」は、見事な菜の花畑の奥に花を
咲かせていました。
太い幹の周りには墓石が置かれています。

この地域では人が亡くなると桜の木を植える風習があり、
桜の木の周りに墓石があるのだそうです。
梶井基次郎の「桜の樹の下には」を思い出しました。

高山村には、この他にも「赤和観音のしだれ桜」、「中塩の
しだれ桜」、「坪井のしだれ桜」など、信州高山五大桜と
呼ばれる見事な桜が点在しています。

今年は天候不順で桜の開花予想が難しかったそうですが、
車で数十分の地域内でこれほど数多くの桜が楽しめる
場所はそう沢山はありません。

地元の皆さんの温かい歓迎ぶりといい、美味しい料理といい
春を満喫した休暇となりました。

| 12:52 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、祝日勤務お疲れさまです。
窓を開ければつつじ、の季節に早くも移りましたが、今年は、予想以上には保ったものの、例年以上に桜の期間が短く感じました・・・
保った要因の寒暖の差が、開花中にも激しく繰り広げられたからですが、気温の乱高下に体を合わせる事に結構費やし、慌ただしく終了し、「暖かさで徐々に春を感じる」過程が短かったためかもしれません。
田中さん、しだれ桜、見事な咲きっぷりですね!!
定番・ソメイヨシノの「恒例」も、春の到来を実感するのに欠かせませんが、長きに渡り、日本の風景・歴史をそっと見守り続けてきた、静かな佇まいの中に荘厳さを感じます。
田中さん、最後のお写真;しだれ桜と菜の花のコラボレーションが、初夏目前を一番実感、気持ちも明るくなりました。

投稿者 ちなみん : 2013年4月29日 19:23

ちなみんさん、ありがとうございます。
今年は桜にとって厳しい自然環境となりましたが、満開の桜に雪が降り積もるなど、アマチュアカメラマンにとっては絶好のシャッターチャンスに恵まれたようです。
来年はどんな桜が楽しめるでしょうか。

投稿者 ホヅミ : 2013年5月 5日 10:34

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー