2013年04月01日

新・新型授賞作

毎年優れたエイプリルフール記事に贈られる
”April-fool-award”四月バカ大賞にて弊社ブログが二年連続で
日本語部門グランプリを受賞していたことが判明しました。

授賞対象となったのは以下の二本。

2009年4月受賞作品

依然として降下が止まらず、低空飛行を続けていた与党白民党の
政党支持率が31日未明、緊急世論調査の結果ついに危険水域に達し
東京湾に不時着水していたことが判明した。羽田の管制レーダーの
記録によれば、隅田川河口付近でトランスポンダーの発信する
識別信号が途絶え,この付近に不時着水した可能性が高いと見られる。
現場付近ではデート中のアベックを始め,多数の目撃証言が寄せられ
海面上ではすでに捜索活動が始まったとする、様々なツィートが
繰り返されている模様だ。

今のところ死者、けが人は報告されていないものの,水面下では
他党との連携を模索している生存者も多数いると考えられ,与党側は
引き揚げ作業や引き留め工作で精一杯ではないかと見られている。

2008年4月受賞作品


日本上空400km前後を飛行中の国際宇宙ステーションから世界標準時31日、
日本時間1日未明、多数の年金記録が浮いているのがISSに滞在中の
野□宇中飛行士によって目撃されたとの報告が
アメリカNASAを通じて,日本政府、内閣に伝えられた。

宙に浮いた年金記録を巡っては,その実態や所在する場所について
これまで正確な情報がなかっただけに,今回発見された「宙に浮いた」
年金記録はその全体像を探る上で貴重な証拠となる見込み。

発見した野□氏によれば「数えきれない程無数」と云う曖昧な
もので、正確な飛行高度、いったいどれだけの年金記録が宙に
浮かんでいるかの確認が急務とされている。

| 19:50 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー