2012年12月27日

経営陣の承諾のとり方

国産高級車の代名詞とも言えるクラウン
ピンクに塗られたアスリート仕様車が話題を呼んでいる様ですが
実際販売も好調のようで予想を大きく上回るセールスを記録中です。

いったいトヨタは、どんな顧客を狙ってこのカラーを設定したのか?

その前に黒のアスリートを見ながら、あの個性的なフロントグリルを(下半分)
ちょっと手で隠してみましょう。あらら驚く程旧型と良く似ている・・・

生産型デザインが重役の最終承認を得る段階で、これじゃあ認められません
もっと,新しくなった印象をアピールできんのかね?若い層にアピール
出来るのかね?

懸念はごもっとも.クラウンもカローラも永年ごひいきにして下さる
固定層は多いものの,確実に歳をとるのもまた事実。いつまでも
高齢者ばかり相手にしていると,メシの食い上げになるのは
どのメーカーもおなじこと。では,何か抜本的な改善策はないのか?

なかった様です。フロントグリルで表情に変化を持たせ,ボディーカラーに
あり得ない色(一年後に市販化を検討)を採用して注目を引く。
上手くいかなかったら軌道修正はいとも簡単です。実際クラウンは
このての軌道修正を何回も経験しています。それだけ冒険者だということ

2012-12-27%2023.01.39.jpg

大英断なのか、暴挙だったのか・・・

展示されている実車を見た女子の反応は
概ね  「かわいい♡」  が多い様でした。
果たしてクラウンと無縁だった女子たちにも販路を拡げられるか?
その売れ行きが注目されます。

| 19:02 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー