2012年12月23日

そっくりさん!

今月に入って、尖閣諸島周辺に姿を現し、
時折、領空侵犯もやってのける中国国家
海洋局所属の双発輸送機 ハルビンY-12

この飛行機、どこかで見たことがあると思われた
方も多いことでしょう。

そう!国内でも離島間の旅客輸送に使用されている
ブリテンノーマン・アイランダーにそっくりでは
ありませんか。

アイランダーは、原型機が1965年に初飛行した
小型輸送機です。

イギリスのブリテンとノーマンの2人の航空技師が、
低価格で簡単な構造のホームビルト機のような飛行機を
開発し、売り出したところ瞬く間に世界中でヒットした
ベストセラー機です。

特徴的なのは、コストを抑えるために機内通路を無くし、
5列・2人掛けのベンチシートを採用して、乗り降りは
両側にそれぞれ3個ずつ設けた大型のドアから行う
という、言わば「空と飛ぶタクシー」と呼ぶべき飛行機です。

この飛行機が初めて日本に来た時、試乗したことが
ありますが、長箱型の胴体の上部に主翼が取り付けられ、
窓からの眺めはいいものの、エンジンナセルから固定式の
主脚が垂れ下がるという、何とも簡単な構造に驚いた
覚えがあります。

一方のY-12は、アイランダーの初飛行に遅れること
17年後の1982年に初飛行しました。

ハルビンにある中国の航空機メーカーHAMCが開発した
れっきとした中国国産飛行機で、アメリカのFAAからも
型式証明を取得し、中国国内での旅客輸送や軍用輸送機
として活躍しているほか、一部海外でもコミューター機として
使用されています。

この飛行機、見れば見るほどアイランダーにそっくりで、
違いと言えば、主脚の取り付け方法と客室窓が、操縦席の
窓より一段下がったところに付けられていると言ったところ
でしょうか。

飛行機の世界では、こうしたことはよくあることで、最も有名
なのは、当時、ソ連が開発したツポレフTu-144が、
イギリスとフランスが共同開発した超音速旅客機コンコルド
にそっくりで、コンコルドスキーなどと揶揄されたことが
あります。

Y-12がアイランダーの真似をしたなどと言うつもりは毛頭
ありませんが、名前を付けるとすればハルビンダーなんて
ことになるのかもしれません。


| 08:11 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます。
アイランダー、原型機の初飛行、自分がこの世に生を受ける129日前だったのですね・・・
当日は、今日と同じく日曜、でしたね。
飛行機が「空飛ぶタクシー」に近い仕様、も驚きですが、飛行機も後発機の仕様が似てくる・・・は、鉄道が思い浮かびました。

投稿者 ちなみん : 2012年12月23日 11:18

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー