2012年12月05日

マイケルが帰って来た

今、六本木で公演中のスリラーライブ
ご存知マイケルジャクソンのナンバーを集めたトリビュートショーです
RAINと違うのはマイケルの生前から公演がスタートしていたこと
つまり、始まりはホンモノを向こうに回して真剣勝負を挑んだ
といえるのかもしれません。少年時代から成長を追って振り返るので、
当然複数のキャストが必要!

そしてあのハイキーな高音は女性でも歌いこなせば驚くほど良く再現出来ています。
つまりステージ上は男ばかりではなくダンサーも含めて女性も数多く登場し、
歌って踊って・・・・・

休憩時間までの第一部、スリラー以前のナンバーのオンパレード
オフザウォール前後の乗りのいい曲はどちらかと云えば、陰に隠れた名曲揃い。
どれも明るくポップでマイケルらしさが溢れています。70年代を通して
リアルタイムで聴いて来た曲ばかりなので、当時の自分にかえれる気が・・・

S1040002.jpgもちろん後半はアルバムスリラー以降のおなじみの曲。
ムーン・ウォーク?当然!ゼロ・グラビティ??勿論やってくれます。
マイケル、生前にこうも沢山ネタを残してくれたかと、あらためて
感心することしきり。ビジュアル時代の楽曲なので、再現も忠実さが
求められますね。

そしてあの、誰もが知っているヒット・・・

やっぱりマイケルは天才でした。
アルバム・スリラー、名作です。

山の様に映像、音源が残っているマイケルは
シェイクスピアやベートーベンの作品同様
世紀を超えても歌い継がれてゆくのかもしれません

| 12:10 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー