2012年11月05日

お手伝い

A1153.jpg

3日の土曜日、久しぶりに塩釜の沖にある浦戸諸島の桂島へ
牡蠣養殖のお手伝いに行ってきました。
今回の作業はホタテ貝の貝殻にいっぱい着いた
牡蠣を(ホタテ貝を)ロープに挟み込む作業です。


A1158.jpg

↑ これがホタテ貝の貝殻に着いた牡蠣です。
  沢山着いています。

A1159.jpg

↑ ロープに挟み込んで、完成です。
  これを再び海に戻して、じっくり育てます。
  来年の秋以降にやっと収穫です。
  今年やっと震災から立ち直りつつあったのに
  夏場水温が高い状態が続き、ずいぶん牡蠣がダメになってしまったそうです。

ニシハラ半日だけでしたが、他のボランティアの方は
島内に一泊です。


| 11:29 | コメント(4) | カテゴリー:西原暢孝

コメント

牡蠣養殖のお手伝い(塩釜沖=浦戸諸島の桂島)
↑ ニシハラさん すぐ上記 んー・何だろうされに行ったんで。いやー・お疲れ様でした。 今回の作業は~挟み込む作業だったんですか。(大変そう) ぅっぅわ ものっ凄い量だ
量ですねぇ では吉本これにてではでは。

投稿者 吉本確認マシーン : 2012年11月 5日 13:00

吉本確認マシーンさん:結構楽しく作業出来ました。これを大量にして海に戻して、牡蠣の成長を待ちます。来年の夏、海水温が上がりすぎないことを祈っています。

投稿者 ニシハラ : 2012年11月 5日 13:14

西原さん、引き続き失礼します。
養殖、根気の必要な取り組みだと改めてよく解りました・・・
被災地の皆さんの取り組み・姿勢に触れる度、頭が深く下がり、今夏の猛暑による悪影響を考えると、言葉が見つかりませんが、牡蠣の身と同じく、大きく結実する日を信じて、祈らずにはいられません。

投稿者 ちなみん : 2012年11月 5日 13:22

ちなみんさん:なかなか復興の足は鈍いですね。夏の猛暑の影響もでて一歩前進二歩後退のような感じです。これからも応援して行きます。

投稿者 ニシハラ : 2012年11月 5日 13:27

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー