2012年11月28日

ビートルズが帰って来た

今年の流行語には惜しくもなりませんでしたが間違いなく世間を賑わせたのが「なりすまし」
パソコンウィルスに姿を替え他人のパソコンに成り済まして脅迫文を送りつける
あるいはiPS細胞を臨床応用したと言い張って、アメリカの有名大学助手に成りすます
一般ユーザーに成りすまして食べログにヨイショの評価を加えたり

色々ありましたが、何と言っても最高の成りすましは「RAIN」でした!
RAIN – A Tribute to the Beatles –
もし、あの時あの場所に居合わせていたら、どんなに心を動かされたことか
そんな気持ちを疑似体験したくなって、この場所に来てみました。

1964年2月、一大旋風を巻き起し、ニューヨークにやって来た
イギリスの人気者四人組は、当時の人気TV番組に出演、スタジオは熱狂の渦

番組の人気司会者エド・サリバンは声高らかにこう紹介していました・・・・・
「Ladies and gentlemen・・・・・・・ Rain!」
ステージに登場したのは黒っぽいスーツに身を包んだ四人の若者。
リード、リズム、ベースの三本のギターとドラムスの四人は皆、見覚えのない顔、
声にも聞き覚えは無いしメンバーに左利きはいない様子(公演ではその日のキャストにより左利きのベースも居たりいなかったり・・)


でも、聞き覚えのない曲など1つとしてありません。

ある時はNYのエドサリバンシアターに
ある時はクイーンズのシェイスタジアムに
またある時は伝説の架空バンド
サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンドが!
そしてある時はアビーロードの横断歩道、
(四人の向こう側には前輪駆動のnewビートルが停まってる!)


RIMG0016.jpg
東急シアターオーブで始まったブロードウェー公演[rain]の一幕・・・・・・・

・・・音楽で想像して居たあの場面が目の前に広がっています
気がつけばあっという間に舞台はアップル本社のルーフトップへ
そして、最後のアルバムから、ジュリアンに贈られたあの曲が。
140分のショウはあっという間に終っていました。

ブロードウェー公演、「レイン」東急シアターオーブで28(水)まで

・・・・・ビートルズが活躍した60年代後半、日本の路上にはホンダのNをはじめとして若者が心惹かれるクルマが続々とデビューしていました。高度成長の時代の波に乗っていたこともあって、あの頃を懐かしく思い出すファンもきっと多いことでしょう。これからの未来、あの頃の様にワクワクした気持ちを醸し出してくれる新星は出現するのでしょうか?それともやっぱりあの頃が最高で、二度と経験出来ないエバーグリーンだったんでしょうか?


醒めやらぬ興奮の余韻に浸っていたら、いつの間にかDVD「マジカルミステリーツアー」を手に入れていました.16mmフィルムで撮影されたTV版を4Kデジタルスキャンして、ダストや傷を取り除いたリマスター盤です。勿論鑑賞は4:3サイズのブラウン管モニターを介して・・・・1967のクリスマス気分に浸ってみることにします。

| 10:11 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー