2012年10月24日

空を見ろ、鳥だ、飛行機だ・・・

んんゃ、スーパーマンだ!

と素直に口に出せるのは、もうおじさん世代の証拠でしょうか
70年代にクリストファーリーブ主演で映画化されたよりも
二十年ほど早く、アメリカではTVドラマシリーズとして

「スーパーマン」
の白黒実写ドラマが放映されていました。
吹き替え版は日本でも放送されていたので
当時の青少年は、みなこのフレーズを頭に
叩き込んでいます。

まだ、幼かった私は、最後の声の出演、というテロップを見て
「ああ、日本人がアメリカ人の扮装をして、演技しているのか」
と、勝手に納得していました。まだアメリカと外国の区別がつかなかった
1960年代初頭の話です。

新聞社「デーリープラネット」に勤務するクラークケントは
実は世を忍ぶスーパーマンの仮の姿で、電話ボックスを
見つけると、すぐさま変身し(着替え)て現場に駆けつけます

新聞社に身を委ねているのは最新情報を得られたから
でしょうが、今となってはその新聞社も存続の危機に
立たされています。

そんなこんなでクラークケントもデーリープラネットを退職する
事になりました。私が知りうる限り勤続45年以上です!

さて、コミック最新版で描かれる次の就職先はどこなのか?
ま、ツイッターが閲覧できればどこでもよさそうなものですが
中国・国内ではないことだけは間違いないでしょう

| 10:11 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー