2012年09月23日

ヘリコプターに挑戦!

%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg

と言っても、相も変わらず模型の話ですが・・・・・

12月9日(日)から横浜の「人形の家」で開催される
「ろうがんず」の作品展の統一テーマが、ヘリコプター
に決まりました。

スケールは48分の1ですが、発売キットが少ないのが
悩みの種、会員同士同じキットを製作してもOKという
ことになりました。

そこで選んだのが、ハセガワのシコルスキー・SH-3
シーキングです。

このキットはバリエーションとして自衛隊仕様やアメリカ
海軍仕様など何種類が発売されていますが、私は
イエローカラーのRAF RESCUEを作ることにしました。
イギリス空軍の捜索救難ヘリコプターです。

シーキングは、試作機が1959年の初飛行という古い
ヘリコプターですが、その汎用性から15カ国以上の国々
で使用され、現在も現役のヘリコプターです。

映像では、大西洋上に着水したアポロ宇宙飛行士を
回収するヘリとしてもお馴染みです。

まさに海の王様の呼び名にふさわしい堂々たる風格、
一度は作ってみたいキットでした。

展示会までまだしばらくありますが、横浜にお立ち寄りの
折は、是非「ろうがんず作品展示会」にもお運びいただき
たいと思います。


| 10:42 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
たった今拝見しました・・・(大変遅くなりました)
はい、すぐ模型のお話だと解りました。
ヘリコプター、自分は小型のイメージが強いのですが、SH-3はしっかりした体躯とお見受けします。
今回も田中さんの力作、楽しみにしております!!

投稿者 ちなみん : 2012年9月24日 00:39

ちなみんさん、ありがとうございます。
飛行機が100年以上の歴史があるのに比べ、ヘリコプターは
70年にも満たない比較的新しい乗り物です。
空中で停止することが出来るという飛行機にはない特色のため、人を乗せて運ぶという仕事のほかに、資材の運搬や災害救難など様々用途に活用されています。
そんなヘリコプターも開発段階では、多くのトラブルに見舞われました。
いつの日にかオスプレイも人々の役に立つ時がきっと来ると思います。

投稿者 ホヅミ : 2012年9月28日 10:26

 しばらく更新がなかったので、心配しておりましたが、どうやら製作活動でしたか。シーキングは南極観測隊のカラーリングってのもいかがでしょう。アポロ回収の葉巻くわえたカエルも好きです。(ヘリなら、バートルのⅤ107も良いですね。「フライング・バナナ」もうけそうです。タロジロのS-55も印象にのこる機体です)

 ・・・ところで、「ろうがんず」の告知、JAJAでも載せてよろしいでしょうか。迷才会もさせていただいております。

投稿者 フクザワ : 2012年10月 2日 11:33

フクザワさん、ありがとうございます。
48のヘリコプターキットは数が少ないせいか、シーキングが
人気のようですが、会員それぞれ異なるマーキングを選択しています。
ヘリポートは、会長ご自身が制作されるとのことなので楽しみです。
告知の件は是非、よろしくお願いします。

投稿者 ホヅミ : 2012年10月 7日 11:40

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー