2012年05月31日

電子書籍ナンバー1

何度も電子書籍元年が叫ばれるこのごろ
紀伊国屋書店が集計を始めた電子書籍のランキングで
現在の販売一番人気はテルマエロマエ。文芸部門の一位は
どうやら月刊文芸春秋(五月号)のようです。(総合でも三位)

しかも紙の本誌よりも高い一冊1000円!
広告未掲載で製作コストも意外と掛かって
これでも今は採算割れだといいます。

もちろん電子化によるメリットは数知れず
紙のごみを出さないという点でも大助かり

海外の読者にも朗報かもしれません。

i-padならともかく、i-phoneに収まる文春なら
持ち歩くのも苦ではありません。遠視用めがねが
無くたって拡大表示で読めますし、片手でブラウズなど、
紙では出来ない芸当だって・・・・

そう考えると付加価値としての1000円は高くないと思いますし
電車に乗って本屋まで往復を考えたらモトが取れてしまいます。

さっそく、帰りに本屋で立ち読みしてからどっちを買うか
考えることにしてみますか・・・・

| 19:28 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、お疲れさまです。
書籍電子化、賛成派ですが、逆に割高、は今知りました・・・
iPad、心惹かれるものの今のPCに買い替え10ヶ月、今導入は迷いながらも見合わせ、iPhoneではなくAndroid携帯、去年より老眼になり、携帯画面は眼鏡を外して観る事が多くなりました。(4月よりほとんど眼鏡を外す事がなくなりましたが)
電子書籍、自身で手にするのはまだまだ先になりそうです・・・

投稿者 ちなみん : 2012年6月 3日 00:06

旅行中の交通機関で電子書籍を利用する人をよく見かけるように
なりました。
つい新鮮な目でその光景をジロジロ見てしまったんですが。

投稿者 わたなべなおこ : 2012年6月 5日 22:17

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー