2012年04月29日

F-5B製作記その2

%EF%BC%A6-%EF%BC%95%EF%BC%A2%EF%BC%8D%EF%BC%93.jpg

久しぶりの晴れ間を利用してようやく下地塗装に
漕ぎ着けたF-5Bです。

真っ白くなっているのは、ホワイトサフェーサーを
使用したためです。

製作中のF-5Bは、サン・テクジュペリの最後の
搭乗機で、全面無塗装のシルバーです。

シルバー塗装は地肌のキズが目立ちやすく、
下地作りが決め手となりますが、そのキズを隠す
ためにホワイトサフェーサーを使っています。

十分に乾燥させたあと、1000番台の耐水サンド
ペーパーでよく表面を整えて、今度はグレー、
もしくはブラックのラッカーでシルバー塗装がよく
馴染むよう下地塗装を行い、その後いよいよシルバー
のラッカーを吹き付けます。

無塗装のジュラルミン地肌といっても、シルバー一色で
塗装すると味も素っ気もない銀色機体になってしまいます。

本物の機体をよく見ると(F-5Bに限らず)、金属の材質に
よって、微妙に色に変化が現れています。
エンジン付近のジュラルミンは、熱で黄色味をおびていたり、
顔が映るほど鏡のようにピカピカに磨かれていたり、逆に
反射をなくしたフラットな地肌だったりと様々。

こを再現するとなると、シルバーラッカーに黒やグレー、
あるいは別の金属色を混ぜてそれらしい色を調合し、
マスキングしながら何度も吹き付けるといった大変な手間が
必要となります。

それをどこまでやるかは、まさに時間との戦いで、時間が
なければこだわりを捨ててあっさりと仕上げるし、時間が
あればじっくりと金属色を再現します。

17日まであと2週間とちょっと、GW中は出掛けなければ
ならない用事があるので、実質は1週間、今回も毎度の
事ながらギリギリの勝負となりそうです(笑)

| 10:45 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
サンドペーパー、何十年ぶりに聴き、忘れかけていた記憶がよみがえって来ました・・・
田中さん、ちょうど1週間前、込み込みで「あと25日」と申しましたが、GW中のお出かけもありますと、確かに1週間ですね、失礼致しました・・・
自分は先週、22~24(日~火)外出が重なった事もあり、その疲れが週末にドッと出まして、昨日・一昨日がほとんど稼働出来ず、昨日・今日で何とか目処をつける計画が、特に予定外の昨日1日ロス、昨日寝てしまった分今日取り戻す、には全く至らず、同じく「時間との戦い」です。
頭ではイメージ・工程は出来ているのですが「こだわりを捨て」が念頭にあるようで出来ていない、が現状です。
尚、6日前実家、静岡から行きは晴れ始め、実家は今日または5日前と同じお天気(快晴)で暑さもあり、濡れた傘は、所用中実家で干し道中不要、翌日に日付変わってすぐ自宅に到着、帰りの新幹線で降り立った際、関東はやっと雨が止んだ模様、でした。

投稿者 ちなみん : 2012年4月29日 14:23

ちなみんさん、ありがとうございます。
いよいよ今週がヤマ場となりました。
週間天気もまずまずのようで、出来れば仕上げの銀塗装まで
一気にいきたいところですが、さて、どうなりますか・・・・

投稿者 ホヅミ : 2012年5月 6日 12:24

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー