2012年04月08日

改修工事が本格化

%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC.jpg

東日本大震災の影響で先端が曲がり、
「シバの斜塔」状態となっていた東京タワーの
本格的な改修工事が始まりました。

現在、地上からおよそ300メートルの部分に
足場を組む作業が行われており、肉眼でも
先端部分のふくらみが確認出来ます。

東京タワーの先端は、およそ5メートルの部分が
東側におよそ2度傾いていて、機能的にはほとんど
問題はありませんが、見た目は少々ショボイ感じが
します。

そこで先端部分を含むアンテナおよそ20メートルを
撤去して新しいものと交換することにしたもので、
333メートルの東京タワーは、一時的に313メートル
程になります。

その工事方法ですが、ここでもいわゆる「だるま落とし」
方式が採られます。

先ず、撤去する部分を6等分して下から一つ一つ
取り除き、完全に取り除いた後に新しいアンテナを
取り付けるということですが、この新しいアンテナは
どうやって取り付けるんでしょうか・・・・

私には分かりませんが、まさか、ヘリコプターに吊るして
取り付けるんじゃないですよね!

改修工事は年内いっぱいかかるということです。

| 08:01 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます。
だるま落としで不要部分除去・・・
想像もつきませんでした。
東京タワーの改修工事、無事成功をお祈りすると同時に、新しいアンテナへの取り替え、新しいアンテナの搬入方法、非常に気になります・・・

投稿者 ちなみん : 2012年4月 8日 09:26

そういえばこんな事案もあったなぁー地震のとき・・・
っていう感じでおぼえてました。
やっと工事にとりかかれるんですね。

投稿者 わたなべなおこ : 2012年4月11日 21:56

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー