2012年01月09日

新成人、おめでとうございます!

%BF%B7%C0%AE%BF%CD%A3%B1.jpg

きょうの「成人の日」全国で122万人の
新成人の皆さんが大人の仲間入りをしました。

東日本大震災の被災地でも、きのう成人式が
行われました。
その模様をテレビ映像で見ながら、元気なその
晴れ姿に他人事ながら不覚にも目に涙がにじんだ
おじさんでしたが、同じような思いをされた方
は多いのではないでしょうか。

%BF%B7%C0%AE%BF%CD2.jpg

お年寄りや小さな子どもたちを災害弱者と呼んで、
防災対策では特に重点を置いて救援策を設けて
いますが、20代、30代の若者たちは比較的
災害に強い災害強者だと思います。

災害時に復興の原動力となるのはそうした若い
皆さん方で、防災担当をしていた現役時代は、
FM放送のほとんどのリスナーである若い人たち
に向けて防災特集を企画し放送してきました。

今朝のニュースでも放送しましたが、インターネット
調査会社のマクロミルが先月行った調査によると、
新成人の8割近くが「自分たちの世代が日本を
変えていきたい」と考えていることが分かりました。

具体的な内容としては、「個々が社会貢献すれば
日本は変わる」などの意見があったようです。

何と心強いことでしょうか!
政治や経済に目を向けるとネガティブな気分に
なることばかりですが、こうしたニュースに接すると
日本もまだ捨てたもんじゃないという気分になります。

%BF%B7%C0%AE%BF%CD3.jpg

そんな頼もしい皆さん方に心ばかりのプレゼントと
思って今朝の日の出を撮りました。
J-WAVE名物、2つの太陽です!
1つはスタジオのガラスに反射した太陽ですが・・・(笑)

| 10:29 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
確かに、ニュースでは、ボランティアも震災直後に比べ集まりにくくなり、早くも大震災の風化を心配される意見が出ているのも事実です。
ところが、個別には、インタビューを見ていても、新成人の皆さんもそうですが、10代、そして小さな子供たちの姿にどれだけ感銘を受けたか数知れません・・・
成人式もそうですし、被災し卒業出来なかった仲間と一緒に成人式・卒業式、は特に強く共感しました。
「仲間の遺影を持ち・・・」は、新年を迎え、四半世紀前となりましたが、高校3年の5月に亡くなった妹とどうしても重ね合わせて観てしまうのです・・・
放射線量の影響は、その計り知れない影響を、成人より慎重に考えないといけませんが、親や親世代の心配より遥かにたくましい、未来へ向かうパワーの大きさを実感しています。
もちろん、個別の状況もきちんと見極め続けないといけませんんが。
「太陽のもと」が、どれだけ前向きで、未来への計り知れない希望・パワーを生み出すか改めて強く感じました。

投稿者 ちなみん : 2012年1月 9日 13:15

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー