2011年11月21日

幻のFX機

F11.jpg

来月、横浜の「人形の家」で開催される「ろうがんず」の
作品展示会に向けて、目下製作中のグラマンF11F-1F
スパータイガーです。

と言っても、このキットは存在せず、ハセガワの72分の1
のF11F-1タイガーを改造しています。

改造というと聞こえはいいですが、実は垂直尾翼に
付いているピトー管をカットして、大型のテールコーン
を小型に改造しただけです。

エンジンが大出力型になって、空気取り入れ口付近の
形が大きくなっていますが、これは無視しました(笑)

今から53年前の1958年(昭和33年)、当時の
主力戦闘機ノースアメリカンF-86Fセイバーの次の
戦闘機の選定問題で国会が大揺れとなった事件が
ありました。

当初、内定していたグラマンF11F-1Fスーパータイガー
が、実は、まだ開発段階で、試作機が2機しか製作
されておらず、そのうちの1機がテスト飛行したばかり
という状態だったことが判明し、政府は急遽、源田実
空将を団長とする調査団を現地に派遣し評価した結果、
対抗馬のロッキードF-104スターファイターが一転して
次期主力戦闘機に採用されたのです。

結果、グラマンF11F-1Fは幻のFX機となってしまい
ました。

なぜこんなお話をしたかと言いますと、今回の展示会
のテーマが昭和60年代のレトロな雰囲気を作り出そう
ということで、「石坂浩二・ろうがんず作品展2011~
ミニチュアで紡ぐ夢の情景」ということになったのです。

F104.jpg

F104-2.jpg

グラマンと平行して対抗馬のロッキードも製作中ですが、
こちらの方は果たして間に合うかどうか、微妙な状況です。

ちなみに、今回の作品展は12月11日(日)~18日(日)、
9:30~17:00(12日休館日、最終日は16:00まで)
横浜の人形の家で開催されます。

ゲスト作家6名の作品も併せて展示されますので、興味の
ある方はデートのついでに是非、お立ち寄りください。

会場内では、黒船ジオラマのフィギュア塗装体験も出来ます!

| 14:06 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
8日前、RCエアワールド12月号を拝見させて頂きました。
まさに、田中さんがろうがんずに加入された経緯のご紹介でしたね。
ロッキード、と言いますと、どうしても事件の方が先に浮かび、源田空将だけは何故か記憶に残っていますが、実際現場で活躍したスターファイターと、本来就役するはず
だったグラマンの競作、楽しみですね!!

投稿者 ちなみん : 2011年11月21日 15:18

ちなみんさん、熱心なご愛読ありがとうございます。
これまで単発の記事しか書いたことの無い身にとって、隔月とは言え連載は結構スリルがありますが、頑張っていきたいと思います。
作品展は、スターファイターとスーパータイガーの競作は大分怪しくなってきました。
グラマン単独のエントリーとなりそうです(笑)

投稿者 ホヅミ : 2011年11月27日 07:00

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー