2011年10月25日

黄金銃を持つ男

「砂漠の狂犬」、あるいは「アラブの暴れん坊」と
呼ばれたリビアの最高指導者カダフィ大佐が、
20日死亡しました。

カダフィ大佐の遺体は、四男のムタシム氏の
遺体とともに25日、砂漠の秘密の場所に埋葬
されるということです。

報道によると、カダフィ大佐は黄金の銃を持って
いたということで、反カダフィ派の兵士がその銃を
握る写真が紙面に掲載されました。

新聞に掲載された黄金の銃は、ベルギーの
ファブリックナショナル社製のFNブローニング・
ハイパワーで、フレームやスライドには美しい
彫刻が施されていました。

古今東西、一部の歴史上の人物は特別に
発注された拳銃を持つことが趣味のようで、
特に将軍や独裁者にその傾向が顕著のようです。

そうした銃で身を守っていたカダフィ大佐も、結局は
多くの国民を敵に回し銃によってその命を絶たれました。

持っていた銃がベルギー製のブローニング・ハイパワー
で、アメリカ製のコルト・ガバメントでなかったことが、
反米主義を掲げた大佐の精一杯の抵抗だったのかも
知れません。

ところで、黄金銃といえば007シリーズ第9作、
「黄金銃を持つ男」に触れない訳にはいきません。

イギリス秘密情報部員のジェームズ・ボンドが殺し屋
フランシスコ・スカラマンガに挑む痛快巨編です。

この映画に登場する黄金銃は、何と!万年筆やライター、
カフスボタンやシガレットケースから組み立てられる
という007シリーズならではの趣向が取り入れられて
います。

スカラマンガの役に挑戦したのは、ドラキュラ役でお馴染み
のクリストファー・リー、彼は原作者イアン・フレミングの
従兄弟です。

この作品にはもう一つ、素晴らしい秘密兵器が登場します。
そう、ジェットエンジン搭載の翼を持つ車です。

倉庫から飛び出したこの秘密兵器は、いかにもラジコン機
ぽくって笑いますけど、007マニアとしては真剣です!

カダフィ大佐にスカラマンガ、黄金銃はいつの世でも人の
心を惑わす魔力を備えているのかも知れません。

| 09:58 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
黄金の銃の件、自分、田中さんの記事で初めて知りました・・・
あのカダフィ大佐拘束・絶命に至るショッキングな映像、、そして今朝は、この映像が公式報道ではなく、カダフィ大佐死因を再調査に入った、とありましたね。
今回の事件、独裁はもちろん大反対ですが、どのような理由があろうとも、あの映像が真実なら大義名分の元、人の命を奪うことは大反対です。
そして銃に関しては、熱烈なファンの方のお話もいくつか伺いましたが、どうも銃との関係がバランスが良くなく、その方の命を(もしくは他の方々の命を)奪っってしまったお話ばかりです。
今回の田中さんの記事を拝見して、銃愛好家の方々が、他の趣味と同じく、程良い距離感で楽しんで頂く事を強く願わずにはいられません・・・

投稿者 ちなみん : 2011年10月25日 11:42

テレビでカダフイ大佐の捕らえられた場面をたくさん
見ました。

黄金銃は成金らしく、最後まで持っていたことに
彼の執念深さと独裁者の武者震いさえ感じてしまいます。

ちらっとニュースで聞いたんですが。
アメリカの元国務長官オルブライト・ライスさんが
好きでたくさんの贈り物を送っていたそうです。
クスクス。

投稿者 わたなべなおこ : 2011年10月26日 22:37

ちなみんさん、ありがとうございます。
アラブの民主化運動の流れは、最強の独裁者だったカダフィ大佐にも止めることが出来なかったようです。
多くの部族や宗教上の対立関係が複雑に絡み合うアラブの国々をまとめるためには、国王や独裁者の存在が欠かせないという側面もあるでしょうが、インターネットによって広がったアラブ民主化の流れはこれまでの政治体制の急速な変化をもたらせているようです。
まさにインターネットは銃よりも強しです。

投稿者 ホヅミ : 2011年10月28日 12:02

わたなべさん、ありがとうございます。
カダフィ大佐について我々の知り得る情報はほんの断片に過ぎません。
ひょっとして、カダフィ大佐ってお茶目でやんちゃだったのかも。

投稿者 ホヅミ : 2011年10月28日 12:19

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー