2011年07月11日

more than 170000 pictures

震災から120と2日、震災直後から被災現場で
自衛隊員が捜索していたものの中に写真やアルバムが
多数含まれていたことをご存知でしょうか?
こうした写真を洗浄,乾燥して新しいアルバムに納め、
被災した持ち主の元に返そうという
「写真救済」プロジェクト
これまで被災地の70カ所以上で行われて来ました。
本格的な暑さを迎えて,一刻も猶予出来ない状況
S1700006.jpg
泥まみれになっていたり,湿気を含んで台紙と癒着したり
少なからずダメージを受けたものが多くを占めており.
これからの高温が続くと乳剤層のダメージが深刻化します

そこで,現地で処理しきれない大量の写真が
神奈川県内にある大手写真メーカーに運ばれて来ました。
気仙沼、女川、陸前高田、釜石、名取などの各地域から
送られてきた10万枚を越える写真を人海戦術で
救済しようという大プロジェクトが始まっています。

S1700008.jpg
おかあさんが我が子の成長を一年単位でまとめた分厚いアルバム
息子、娘の成長の節目にとった記念写真の数々がおさまったもの
結婚式の写真や愛妻、大切な愛車を収めた記念写真があったり
日頃の食事を記録したスナップ,思い出の観光地を収めた・・・・

文字通りの手作業で一枚づつ地道な作業が続きます

S1700005.jpg
写真にはなるべく多くの手がかりが得られる様に内容や
場所、日付、個人名が判ったものや書き込みの情報など、
数多くの情報を添付してあげます。管理番号には
写真が見つかった場所、日時,その状況など
一元管理されて検索し易いようになっています。
一枚でも多くの写真が持ち主の元へ返ってくれたら
そんな気持ちで,ここ関東の一画でもボランティア活動が続き、
当初目標とした10万枚をはるかに超えて、17万枚の写真を洗浄し、
現地に送り返すことができました。

現地では持ち主探しの活動を継続しており、既に
たくさんの写真が持ち主の元に返り始めています!

| 10:38 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、お疲れさまです。
朝の国営放送で、震災直後、特集が組まれていましたね。
この2年強、写真は、すべてPCと携帯、フイルムを印画紙に焼き付ける事は10年以上ありません・・・
その便利さとは別に、家族との大切な写真は、すべて写真です。
被災者の方々の、大切な想い出が、早くご本人達の元へ戻れるよう、お祈り致します・・・

投稿者 ちなみん : 2011年7月14日 13:25

多くの方々の写真が家族に届くことを願わずにいられない光景ですね。
せつないだけです。

投稿者 わたなべなおこ : 2011年7月16日 00:21

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー