2011年05月04日

NYの決断

高層ビルと並んでNYのまちの景色の一部となっているのが,イエローキャブ。
街のシンボルをあと5年で全部ハイブリッド車に切り替えようというのが07-05月のNY市長の発表でした。

現在一万台あまりが走るイエローキャブの大半はフルサイズのアメ車、フォード・クラウン・ビクトリアです。映画taxi:アメリカ版でも活躍しました。そして二年後/2013には全てが日産のミニバンに・・・・・
(日産グローバル本社にて)
2年間かけた「Taxi of Tomorrow」コンペを経て、今年5月に発表された契約内容は、予算総額10億ドル、ニューヨーク市と日産の10年間の独占契約。現在運行中の16車種、約13,000台のタクシーがすべて日産車に総入替!

では、フルサイズのアメ車・タクシーにはもう乗れなくなってしまうのか?>DSCN3717.JPG(west/villege:2006)
DSCN3716.JPG(downtown/14th-st.2006)NYではタクシーとして使える車種は当局からお墨付きをもらった車に限られます。
70年代までは専業メーカー、チェッカーモータースのタクシーキャブが生産されていました。DSCN3840.JPG(downtown,ave-A:2006)
90年代はシボレー・カプリスの大きな車体が町を埋めました。
映画や写真でお目にかかったら、それは20世紀の光景
という事になります

DSCN3794.JPG(times-sq,2006)
数年前にホンダオデッセイが制式採用されたときには大きなニュースになりましたが,現在はトヨタ製ミニバン(シエナ:日本未発表)に置き換わっています。

トランクのついたセダン型のタクシーがNYで生き残れるかどうか。
5年後の街の景色に注目です。2007-06-01 20:07:21
プリウスも三代目に進化してグンと見かける回数が多くなって来ました。
フォード製のハイブリッドも普通に見かけます,大柄なアメリカ人たちは
自国製のフルサイズセダン以外でも満足してくれている証拠でしょうか? http://g5u4wg.bay.livefilestore.com/y1pGiOzP6ubtdJU5xVnx9bKgpO7RHVeMgxJEXg4Xo4Qxk3qY5O6gN8DT7aHpcoB_C8MCGulvq55Z8ERqXR0rZdcRy8q_r6sPCfU/DSC00973.jpg?psid=1

| 14:58 | コメント(1) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、お疲れさまです。
イエローキャブ、言葉では聞いた事があっても、映像含めて、本物を観たのは初めてです・・・

投稿者 ちなみん : 2011年5月30日 12:37

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー