2010年11月28日

JMC見て歩き

%B2%E8%C1%FC0012.jpg

プラモメーカーのハセガワが主催する日本最大の
プラモデルの作品展に行ってきました。

先週の話ですが、何しろ日本のトップクラスの
モデラーが製作した超絶モデルの数々、その
凄さをご覧いただきましょう!

%B2%E8%C1%FC0013.jpg

今年のJMC大賞はこの2作品、ドイツの戦艦
ビスマルクと日本の三菱九六式陸上攻撃機です。

%B2%E8%C1%FC0014.jpg

ビスマルクは数ある戦艦の中でも最も美しい艦容を
誇っており、さまざまなメーカーからキットが発売されて
いますが、いま人気の350分の1ではドイツレベルの
ものがベストキットとなっています。

中学生の頃、全木製のビスマルクが発売されたことが
ありましたが、当時のお小遣いでは手が出ず憧れの
戦艦でした。

%B2%E8%C1%FC0015.jpg

九六式陸上攻撃機は、飛行中の機体から落下傘兵士が
降下するジオラマに仕上がっています。

%B2%E8%C1%FC0016.jpg

その機体の中には今にも飛び出そうとする落下傘兵士が
フィギュアで再現されています。
ここまで作りこむとは・・・・・・・恐れ入りました!

%B2%E8%C1%FC0017.jpg

会場で一番気に入ったのは、このボーイングの最新作
ボーイング747-8です。

もちろんまだ開発中の機体とあってキットは発売されて
いません。
通常の747を改造して作り上げたものです。

主翼を全面改造して747-8の特徴をよく表現しており、
エンジンポッドも消音効果のあるギザギザが見事に
再現されています。
これ、作ってみたかったのです・・・・・・・・!!!

%B2%E8%C1%FC0018.jpg

最近人気のキャラクターを全面デカールで表現した
F-22ラプターも注目の的でした。
いったいこんなデカールどうやって貼るんでしょう。

とまあ、ごく一部の作品をご紹介しましたが、会場には
賞を逃したとは言え、素晴らしい作品が数多く展示され
時間の許す限り一つ一つの作品をじっくり眺めていた
気分にさせられる作品展でした。

| 11:25 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
今回も、どれも秀逸で見惚れますね!!
ボーイング747-8のシャープな機体、確かに田中さんがお気に召したのもよく解ります。
ビスマルクと落下傘兵士もリアルさに驚きです!!
・・・実は、正直に申し上げると、自分の一番お気に入りは、全面デカールの、全体像が写った方です。
自分はキャラクター物に弱いので(笑)、一目惚れです。

投稿者 ちなみん : 2010年11月28日 12:42

ちなみんさん、ありがとうございます。
キャラクターデカールは、大人気のようでF-22の他にもF-15やF-16、A-10などにも広がりを見せています。
そのうち、航空自衛隊の実機にもキャラクター特別塗装が登場したりして・・・・・・(笑)

投稿者 ホヅミ : 2010年11月29日 13:41

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー