2010年10月31日

ファイナル・day

 国家的規模で開催されたのに開幕前のテーマソング盗用疑惑に始まり、スマップのコンサート中止、近畿地方の知事の招聘をめぐるあれこれ、などなど話題の絶えなかった、上海の万博もいよいよあと数時間のうちに幕を閉ようとしています。
 今月16日の時点で一日の入場者数103万2700人を突破、5月からの総入場者数は6462万800人と1970年の大阪万博を上回り万博入場者数の世界記録を更新後
24日午前、5月1日の開幕から177日目で累計入場者数が目標の7000万人を突破。
40年もタイトルホルダー-だった大阪万博も天晴れ!だと思いませんか?

Dscn3894Dscn3895Dscn3896Dscn3897Dscn3900Dscn3908


ソ連館、お祭り広場、虹の塔~
どれもこれも忘れずにアタマの中に克明に残っています。
そして懐かしのユニフォームの数々。ツィッギーが来日後、日本でも
ミニスカが当たり前の様に定着し、独身女性なら誰もがもっていた筈
各種制服にも相次いで採用されました。今ではあり得ない・・・・

当時のコンパニオン制服といえばミニ丈が当たり前の時代でした

Dscn3901Dscn3903Dscn3904Dscn3905Dscn3906Dscn3907

 ライトアップの華やかさと豪華さはさすが21世紀の万博!地味だった愛知万博とはかなり違います。目標だった七千万人越えも達成し、万博史上最大のイベントとして名前を刻むことが出来て開催者側はさぞ鼻が高いことでしょう。彼らの頭の中には四十年前の大阪万博はどのように映っていたのか・・・・ニホンが先進国の仲間入りを果たした証?高度経済成長の象徴でしょうか?人口が現在の東京の1・5倍もあり、今なお二桁成長を続けている世界でも稀な大都市、上海は万博当時の大阪と比べるまでもなく、誰もが認めるメガシティ、の一員となっています。恐ろしいことにこの成長の勢いがいつまで続くのか、誰も予測できないのがホントのところではないでしょうか?中国の未来に待ち構えているものはいったい何なのか。元切り上げによる経済的ショックなのか・民主化圧力に耐え切れない中国共産党政権の姿なのか・・・・・・・・・・・ でも大阪万博が終わった後の日本はドルショックに見舞われオイルショックの追い討ちを受け、高度成長は終わったかに見えました。が、ニホンの産業界は逆境を跳ね返し、世界トップレベルの技術力を誇るまでになっています。クルマの品揃えを見てもそれは明白なこと。P1130399.jpg 会期末の会場は人でうめつくされラッシュアワー並みの混雑とか、
一番人気は石油館で開門後入場者の90%は石油館に走り、最高で12時間待ち!

R1134943.jpg



 次に中国で万博が開催される頃には環境や節約のこともちょっとは考慮に入れたイベントになっているのでしょうか・・・・・・

| 17:53 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、お疲れさまです。
今回、まずタイトルにドキッとしましたが、自分も仙台赴任の6年前より毎年、何もなかった年はありません・・・5年前が、唯一「仙台から戻った」で良いニュアンスでしたが。(この年も、日々は苦闘でありました)
自分にとって、大阪万博は、欠かす事の出来ない一大イベントでした。
もっとも、母方の叔父が買って来てくれたペナントが長らく生家に飾っており、象徴としての万博、及び高校3年間、太陽の塔をグルッと回って通学ししていました。
最後のお写真・石油館のライトアップは近未来に対する希望と21世紀ならではの技術力結集を感じます。

投稿者 ちなみん : 2010年10月31日 21:23

ちょっと、ちょっと。
その地味だった「愛知万博」に夫とともに参加したものとして一言申します。

今回は治安の不安やら、準備不足で開幕したし
営業中は日中間の険悪な雰囲気もありながらの
けっして手放しで喜べない「上海万博」だったわ。
「21世紀らしいゴージャスさ」もいいですが
こんなことしていったい誰が喜ぶんだ?っていうぐらい
引いてしまう成金さも感じられます。

「愛知万博」は地味ながら親しみやすいパビリオン
が多く、話題性も穏やかな伝わり方ですごく
良い印象があります。
まぁ。反省点としては
実際、あまりの混雑にチケットを持っていても
中に入れず、ボー然としてしまった部分もありましたが。
これぐらいが、一番好印象でいいんじゃないですか。

投稿者 わたなべなおこ : 2010年10月31日 22:29

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー