2010年09月05日

1990~2010

「レースの結果は良かったけれど、僕らは大事な友人を失った。
トミザワは、とても速くて勇敢で、いつも周囲を笑わせていた」(Daniel "Dani" Pedrosa)
「とても明るい青年だった。なんて言っていいかわからない。
今日はレースのことはどうでもいい」(Jorge Lorenz)
「久しぶりの表彰台はうれしいけど、ショーヤがいなくなってしまった。
ファニーガイだった。なんて言っていいかわからない」(Valentino Rossi)
参)http://www.lachirico.com/2010/09/06/misano/・・・・・合掌

バレンティーノ・ロッシ選手の談話

チェコGPが終わった、現地8月15日夜に、 「ヤマハのバレンティーノ・ロッシ」のドゥカティ移籍が正式発表され 2011年から「ドゥカティのバレンティーノ・ロッシ」となります。

以下、ヤマハ発動機のリリースより。Photo

http://www.yamaha-motor.co.jp/profile/sports/race/release/2010/012/index.html

「ヤマハと僕との7年間の関係については、ひと言やふた言で説明する
ことはできない。あの2004年から、いろいろ状況が変ってきたけれど、
中でも一番変化したのが彼女、つまりYZR-M1なんだ。彼女は当時、
グリッドの真ん中あたりに留まっていて、ライダーを含めてMotoGPに
携わる多くの人たちにとって、その存在は輝くものではなかった。
ところが今は、すっかり成長して進化し、賞賛され、求愛されてガレージ
のなかで微笑んでいる。クラストップの存在として扱われるようになった
んだ。
この進化を可能にした人たちのリストを作れば非常に長くなるが、
僕はまず、M1の表情を変化させるために頑張ってくれた全てのエンジ
ニアの代表として、古沢政生、中島雅彦、そして“僕の”親愛なる渥美
弘弥にお礼を述べたい。それから、世界中のコースで、いつも愛情を
持って彼女の面倒を見てくれたジェレミー・バージェスとそのスタッフたち、
またヤマハで働く全ての人たちにも感謝している。

新たなチャレンジを目指す時期が来た。ヤマハでの仕事は終わったんだ。
最も美しいラブストーリーも、残念ながらいつかは幕を閉じる。
でもたくさんの素晴らしい思い出が残っている。ウェルコムの草の上で
初めてキスをしたこと、そして彼女がまっすぐ僕の目を見て、“I love you”と言ったこと…」

hillsに突如現れたドゥカッティのショールーム?


R1105516.jpgDucati/sb1198です
実は六本木通りを渋谷に向かって左側にある、輸入バイクのお店
MOTO CORSE SHOWROOM (渋谷)美人ライダーのスタッフ、Sサンのお薦めはsuperbike1198.@HILLS cafe/spaceに突如現れました(~7/7)
[1198]&Ducati� on Twitpic[696]Monster Ducati���� on Twitpic

R1105522サイレンサーなど
流石はイタリアンデザイン、アフターマーケットのパーツも太刀打ち出来ない
デザインの妙!
R1105519Ducati Streetfighter

| 07:04 | コメント(12) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、お疲れさまです。
今回は、やはり、最後の3枚目の突き出した排気筒がいいです!!

投稿者 ちなみん : 2010年7月18日 11:10

デゥカティー、そう言えば先月のサイクリングの帰りに国道1号沿い、神奈川区か鶴見区どちらかに専門店があったような・・・?「あっ、MotoGPでよくでてる」と思い出しました。オートバイ大好きないとこなら詳しいと思いますが。

投稿者 小人部隊一号 : 2010年7月18日 16:04

大昔。わたしの実姉が当時お付き合いしていたオトコの
デカイバイクにツーリングして甲州街道代々木署付近で
事故ったことを思い出します。
バイクは危険だからあれほど乗るな!と家族にさんざん
言われてたのに、若気の至りですかね。

まっ、そのオトコとはすぐ別れましたが・・・・

吉田さんもバイクの安全運転・前方・下方の注意
気をつけて楽しんでくださいね!

投稿者 わたなべなおこ : 2010年7月19日 10:52

吉田さんお疲れ様です。
ドカのデザインは何時も綺麗ですねー。
ライダー(私は引退しましたが・・)だったら一度はドカに乗りたいという思いはありますよね。

投稿者 なべなべ : 2010年7月19日 19:57

DUCATIノリはおしゃれな人が多いですね。と言うか、おしゃれでないとバイクとつりあわない感じとでも言ったら言い過ぎでしょうか?はたまた、お洒落さんだからDUCATIを見初めるのか?そんな訳で近寄り難い…

投稿者 KAWAノリ : 2010年7月20日 00:17

案の定、というか「赤のドゥカがとってもお似合いですね♪』とおだてられて、すっかりいい気分にさせてくれました。やっぱり一度は持ちたいドゥカ。
でも、二度、三度持つだけの魅力はあるのかなあ?
眺めているだけなら最高にイイバイクなんだけど。
この手のスポーツバイクってハンドル位置が低めで、
正直、都内のチョイ乗りには適しません。高速で長距離を移動するときにこそ、本領を発揮するものなので、都内で走るんだったらオフロードタイプを選ぶか、ハンドルを疲れないものに改良するかのどちらかでしょうね。
頭ごなしにバイクは危ない、と決め付けて掛かられるよりも、スポーツタイプは前傾姿勢で目線が下がるから都内での走行には賛成できない、と諭されるほうがよっぽど説得力にあふれて、言うこと聞いちゃおうか、という気になるかと思います。教習所で使っている仕様のバイクが、やはり最高に推奨したいモデル、ということですね。

投稿者 吉田雅彦 : 2010年7月21日 12:51

バレの移籍は噂もあったものの、現実となるとやっぱり残念です。
ヤマハは、彼のおかげでM-1のポテンシャルもかなり上げる事が出来たのではないでしょうか。
今シーズンはロレンソの活躍が目立ちますが、
現役の今でさえ「伝説」視されているバレ。
今シーズンは大変な怪我に苛まれたりしましたが、
来シーズンからも、変わらずサーカスの中心でいるでしょう。
ローソンがヤマハからカジバに移籍したときとは、
移籍先の実力も体制も格段に上がっていますしね!
この玉突きで、現DUCATIのエース、ストーナーがホンダに移籍するようですね。
なんだかワクワクシテキタゾ!

投稿者 KAWAノリ : 2010年8月19日 01:37

あれ~フェラーリじゃなかったのか・・・
と、一応ボケてみます。
一つの時代の節目ということになるのかなあ
HONDAの動向も気になりますが、ヤマハは
どうするのかなあ、ノウハウもスピリットも
みんなロッシが知っているだけに・・・・
やっぱり怪我が契機になったのでしょうか?
と、思ったらその前から社長は腹を決めていたようで
・・・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2010年8月19日 19:54

フェラーリの話はバレ本人にとってもかなり魅力的に映った事と思いますが、あらゆる要素から現実には至らなかったですね。
二輪も、電子武装がかなり進んだ最近では、それに素早く順応できる若い世代の台頭が目立ち始めていますね。
ストーナー然り、スピーズ然り。
ここ最近は、ヤマハも業績が好転してきましたが、
莫大な契約金<バレを上回るようになってきたロレンソ、というお家事情もあるでしょう。
来シーズンからはまたレギュレーションも変わり、
排気量がまた拡大されたり最低重量が変わったりは驚きませんが、何と「買い取り規定」が出来るとか!
…仰るとおり、来シーズンは「節目の年」になりそうですね。

投稿者 KAWAノリ : 2010年8月21日 01:06

噴火の影響で日本GPが秋になったのは
ある意味とてもドラマチックな展開になるかも。
ヤマハのロッシが記念すべき結果をもたらして
くれるかどうか。
時代の節目は四輪ほかモータースポーツ界全体にも
いえるかもしれません。ブリジストンが大きく
舵を切ったのは周知のとおり、環境優先の世の中で
受け入れられる形の興行形態を模索しないと
いけないでしょう。でないとブリジストンのような
強力なパートナーをまた失う結果にもつながります。
走る実験室として捉えられていた頃のモータースポーツ
とは置かれている状況があまりにも違いますね。

投稿者 吉田雅彦 : 2010年8月21日 05:14

談話のご掲載ありがとうございます。存じませんでした。
原文を修正もせずそのまま掲載してくれるヤマハにも感謝です。(と言っても伊語が読める訳ではないのですが)
バレの人柄やセンスが伺える、目を細めたくなるような談話ですね。
M-1の武器はクロスプレーンクランクシャフト。
フィードバックされた市販車のYZF R-1も相当楽しいとの噂です。
でも、来シーズンはそのM-1を鮮やかに押さえ込むデスモセディッチの活躍を期待してしまいます。

投稿者 KAWAノリ : 2010年8月28日 01:04

富沢祥也享年19才。悔しいですね。左肩には大治郎がいてくれたのに…。余りにも若すぎます。
実際の映像を見るよりも、ネットのニュースで知る方が先でした。
レースは序盤から何か「ヤバイ」感じにも見えました。
一時はトップに上がってから徐々に後退。
それぞれがギリギリのところで競い合っている中での事とは言え、本当に残念です。
富沢選手のご冥福とご家族の心の平穏が、出来るだけ早く戻られる事をお祈りしています。

投稿者 KAWAノリ : 2010年9月 8日 00:39

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー