2010年08月08日

シーマ・ショック

リーマンショックと呼ばれる一連の連鎖不況が顕在化したのは
北京五輪終了後間もない2年前の九月中旬のこと

アメリカビッグ3の経営を大きく揺るがせたばかりでなく
日本の高級車ブランドも存亡の危機に直面しました

バブル期の象徴として語られることの多かった日産シーマ
法人需要を中心に黒塗りの代表として日産車の頂点に君臨した
プレジデント
いずれもこの夏限りで生産ラインから消えて行きますDSCF1215.jpg

勝手ながら『シーマショック』と命名致します

日本の高度成長期、バブル時代、円高不況時代を駆け抜けた
人気のブランドも、人知れず寂しく表舞台から消えて行きます。

トヨタもまた一世を風靡したソアラの生まれ変わりレクサスSC
やはり生産を終了します。

ガソリンスタンドの相次ぐ廃業、ディーラー網の縮小、廃止
若者のクルマ離れ以上に深刻な局面です。

早朝番組のナビやアナの送り迎えにも使われた両者
リアシートの居心地はトヨタ車に比べてちょっと固め
ドライバー向けのセッティングかな?とも思いましたが
プレジデントが配車されるとちょっと嬉しかったりもしました。

| 01:54 | コメント(4) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、おはようございます!!
自分は、ソアラとレクサスはよく耳にしますが、申し訳ありません、シーマ、ほとんど耳にした事がなかったです・・・(汗)
シーマより、J-WAVEのおかげで、SEAMOの方が先に出てくる自分です(笑)
「早朝、ナビやアナの送り迎え・・・」
自分は、皆さんどうしてらっしゃるのかと???
自家用車かタクシーかと思っていました・・・

投稿者 ちなみん : 2010年8月 8日 05:54

吉田さん、こんばんは。
早朝番組の皆さまは、ハイヤーなのですね?
いいなぁ~~~!!!

投稿者 海老名市のまこと : 2010年8月10日 22:29

シーマって「かっこいい」車ですよねぇ。
なくなるって話は夫から聞いていたんですが、
やはりショックですぅ~

投稿者 わたなべなおこ : 2010年8月12日 16:25

今でもプレジデントは大臣の足として活躍する場面があるようです。
シーマも初代は255馬力で「パワフル」と評判でしたが
二代めはシックなベントレー風の上品さが好きでした。
三代めからは存在感も薄くなり、今の四代めは平凡な
クルマに終ってしまいました。昔はシーマのトランクに
偽の自動車電話アンテナ立ててただけでもモテる様な
気配がしたものです。


先日廃盤が伝えられたホンダのレジェンドもシーマ同様
ホンダのフラッグシップ(旗艦)として頂点に君臨しました。
登場はシーマより二年早く、来るべき円高時代に備えた感のある
北米対策車でもありました(アキュラブランドで展開中)
イギリスの高級車ローバーと提携したのもこの頃
ローバースターリングという姉妹車も生まれ、ドイツ車にはない
気品が売り物でした。シビック/ガソリン版もまた
表舞台から消え去ります。80年代はカローラと人気を二分した
ホンダのかつての稼ぎ頭。F1参戦の潤沢な資金を産み出してくれた
といっても過言じゃありません。そしてF1ホンダと共に
シビック(ガソリン車)が消えて行くのもまた皮肉な結果ですね

投稿者 吉田雅彦 : 2010年8月14日 14:36

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー