2010年01月31日

まいにちまいける

待望のThisi is it DVD
もうお求め済みですか?
近所のお店では売り切れで入荷待ちの店舗すら!

R1074636.jpg

もう、毎日だってあのリハーサルの映像を楽しめるばかりか
ダンサーの振り付けをコピーすることだって可能

スタッフがインタビューでも答えている通り
ここまで作り込んだステージをせめて初日だけでも
陽の目を見せたかった・・・・そんな想いが
この映像には集約されています。
特典映像にはオーディションの詳しい模様や
マボロシとなった衣装デザインの詳細など
映画には盛り込まれなかった内容も豊富で
これはまた、お値打ちもののディスクです。
マンインザミラーのMJエアーの意味も判ったし・・・・・

忙しくて、まだ二枚目のディスクを見ないで書いていますが・・・・Wanna Be Starting Something・・・DSCN8491.jpg
最前列に近い席でかぶりつく様に見て来たスクリーンのマイケル
まるで舞台の袖から見上げた様なリアル感たっぷりの映像でした。
編集の巧みさもあり、メイキング映像というより普段着のままの
最終通し稽古に立ち会っているかのようでした。
お馴染みのナンバーもアレンジ、振り付けに手を加え
終盤にかけて訴え掛けていたメッセージ、新しい曲目も
これからの方向性を暗示する示唆に富んでいました。
(是非、映画で確認して欲しいです)見事な構成です
衣装だけ、あとから本番用のモノをCG処理で
被せてしまえば、コンサート本番ビデオ作成も
夢ではないと思います。(三年くらいかけて・・・)

バックで踊るダンサー達も、心からこの仕事を
楽しんでいるかの様な笑顔を舞台で見せています。
美人ギタリストをいかに引き立てるかに砕身し、
演出、楽曲の細かい部分まで自分で納得ゆくまで
手直ししている仕事ぶりもはっきり判る内容でした。
こんなに沢山、覚えきれるのかな?と思うくらい
(だから記録用にビデオに収めていたんでしょう)

きっと神経質な彼のことだから寝不足で仕事に臨むのは
何よりも辛かったんでしょう。クスリを多用しても眠らねば
と悩んだ苦しみは、寝付きの悪い私には痛い程よく判ります。

バックで踊っていたダンサー達、バックバンド、ステージスタッフ
誰もがロンドンのコンサート完成を夢見て、・・・・大きな落胆、
悲しみを味わったことは想像に難くありません。

残念ながら生マイケルを見る機会は逸してしまいましたが
もしも、ロンドン公演が実現していたら、日帰りで観に行っても
惜しくはなかったでしょうね。コンサート実現できなかったこと
彼がもう二度とステージに立てないこと
重ね重ね残念です。これっきり/That's It!いよいよ現地時間火曜日、史上最大級の追悼式典が始まりました
マライアが歌うI'll Be There、涙が止まらない・・・・
DSCF0330.JPG

追悼公式HPはここ
http://michaeljacksonfuneral.org/大御所スティービーはHuman Nature の1節を口ずさんだかと思いきや・・・


NYでは日曜日のゲイプライドパレードでも
この曲が高らかに鳴り響いていたようです。
勿論アルバムセールスでも,グラミー受賞歴でも
比類の無い業績を積み重ねたばかりでなく
1985のUnited Support of Artists for Africa では
Lionel Richie と作詞・作曲を担当し、
Quincy Jones も加えて基軸的な役割を果たしますDSCF0308.JPGDSCF0331.jpg
DSCF0307.jpg

'til you get enough クインシージョーンズのプロデュースで
マイケルがソロでスター街道を歩き始めた
記念すべき第一歩。Off The Wallの一曲目が
Don't Stop 'Til You Get Enough でした。
20代、30代のお若い方には想像がつかないかも
知れませんが,当時お家にビデオデッキが有って
スリラーのテープを持っている,とすれば、噂は
町内中に広まったほどでした。日本中で
(老)若男女がその振り付けをマネしたのは
おそまつ君に出て来るイヤミの「シェー」以来
だったかもしれません。

20代半ばにその業績のほとんどを築き上げてしまった人生
残りの二十数年は重圧との戦いだったかもしれません。DSCF0306.jpg

CNNでは丸一日以上経っても「Thriller」のビデオを何度も
繰り返しオンエアして、各国の反響を伝えつづけています。
同じ時代を生きた同年代のスーパースター
21世紀は彼を超える偉大な存在を生み出すことが
できるのでしょうか?............

| 03:51 | コメント(12) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

マイケル・・・早いですね・・・WE ARE THE WORLDが好きでした。このメンバーの中でも何人かはもうなくなってしまっていますよね。今頃逢ってるのかな~?まさかマイケルが逝くとは信じられないですよ。

投稿者 ピー : 2009年6月27日 07:08

吉田さん、おはようございます!!
昨日、いつも通り6時起き寝ぼけ眼、大原さんのニュースで金曜を認識、しばらくすると、マイケルさんが緊急搬送された!?・・・と
7時台になると確定的になってしまいましたね・・・
9時台、ひょっとして・・・と思いつつ、渡辺 祐さんのブログにお伺いしたら、9:56現在(現在は11:56の記事に改訂)「死んだのか?」と、祐さんも信じられないご様子・・・
すぐコメント残しましたが、その10時台では、外電で
ご家族の確認も取れたとの事。
吉田さん・祐さんお2人ともマイケル先輩とほぼ同世代ですが、同い年のカビラさんの衝撃は激しく、3分程番組も延長になりましたが、よく伝わって来ました・・・
そして12時のニュース、トップニュースがマイケル先輩の訃報、東海林さんのニュースは、保存出来る時は全保存!!の自分は、東海林さんから聴きたくなかった(><)(どなたかが伝えなければならない訳ですが・・・)
そしてGLスタート、ピストンさんの愛あるマイケル先輩いじりが念頭にある自分は、「宇宙のニュース」「クイズマスター」はマイケル先輩特集になると読みましたが、ピストンさんは、トップからマイケル先輩全開で・・・!!
自分とピストンさんもほぼ同世代ですが、ピストンさんの男気を感じました!!(前半のお題も「男」汁でしたね)
一夜明け、少し感情も整理付きつつあるのですが、昨日は、狐につままれた心境、「マイケル先輩のサプライズの一環かな?」の心境が拭えませんでした・・・

投稿者 ちなみん : 2009年6月27日 08:46

United Support of Artists for Africa
というプロジェクト,まさにアメリカならではの
ドリームチームでしたね。レイチャールズ以外は
殆ど皆さんお元気でご活躍のようです
カビラさんの番組の中でマイケル無罪評決を獲得、のニュース解説したのは
確か四年前の今ごろの事。資産も売却して、体調も不安定と断片的な情報しか
入ってこなくても便りの無いのは何とかで、いつの日か彼なら復活を遂げてくれる
と信じていたものです。24歳の頃、頂点を極め、あとはゴシップネタの材料にされ
自分で築いた頂点との戦い。きっと重圧もわれわれの想像を越えたものだと思います。

投稿者 :吉田雅彦 : 2009年6月27日 20:43

マイケルといえば、
ジャクソン5からソロとしての「Got To Be There」
「Rockin' Robin」「Ben」・・・
その後、「Off The Wall」の衝撃!
そして「Thriller」以降
ともに人生を歩んだ友を失った感覚に近いものがあります。
冥福を祈らずにいられません・・・

投稿者 おぢさま : 2009年6月28日 21:26

あのチームはもう二度と復活することはないと思うとなんか切ないですよね・・・

ちなみにマイケルの歌はhuman natureが好きです。

投稿者 ピー : 2009年6月28日 22:21

USAfor・・・のマインドはこれからも様々な
アーティスト達によって引き継がれるでしょう。


オフザウォールの魅力は,PD:クインシーの功績に
依るところも大きいと思います。あらためて
今聞き返してみると後半の数曲はとても新鮮に
感じられますね.そのクインシーを置いて
先に逝ってしまうなんて・・・・
でも、リアルタイムで彼の活躍を全て
見届けて来た事を幸せに思わなくてはなりません。
おそらく1950年代に生まれた
世界でもっとも偉大なアーティストである事は
疑いない事実でしょう。
アメリカのメディアを見ていると人種も年代も超越して,
アメリカ中が分け隔てなく、悲しみに暮れています。
奇しくもオバマ大統領誕生の年
マイケルがアメリカをひとつにした瞬間なのかも
知れません。


眠らない街、ニューヨークをテーマに書かれた
human nature~80年代のビッグAppleは
個人的にも何かと印象深い場所でもありました。
夜の帳に誘われて,独りブラブラ歩き出したくなる気も
判りますね。女の子一人じゃ薦められないけど・・・
きっと今頃アポロシアターの前でも
この歌を口ずさんでいるファンがいるかもしれませんね

投稿者 吉田雅彦 : 2009年6月29日 15:41

いよいよ現地時間火曜日、史上最大級の追悼式典が始まりました
マライアが歌うI'll Be There、涙が止まらない・・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2009年7月 8日 02:49

ステージにはマジックジョンソンが登場。初めて会った
時のマイケルがレイカーズ
の年間チケットやケンタッキーを愛用していた
エピソードを紹介、歌は・・・・歌わずに降壇しました、

投稿者 吉田雅彦 : 2009年7月 8日 03:26

ジョン、メイヤーが登場、ギターで奏でるイントロは
Human Nature ・・・インストで聞かせます・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2009年7月 8日 03:36

不釣り合いのカップルとかビリージーンのモデルかと
昔、噂の絶えなかったブルックシールズは
幾つもの秘話を涙ながらに披露しました。
13歳でマイケルと出会い、オトナになる前から
プライバシーのない世界へ引きづり込まれた二人
二人で仕事をしたことはなくても、一緒にいるときは
どちらが相手を、より笑わせるかに夢中だった話
ムーンウォークを教えてもらいながら、うまく出来ず
ステージで競演の夢も実現に至らなかった話。彼が
一番好きだった歌にチャップリンのスマイルを挙げ
兄のジャーメインがしっとりと、しかし力強く
歌い上げます。

投稿者 吉田雅彦 : 2009年7月 8日 04:00

おおトリは12歳のシャキーン少年
ロンドン公演では共演を予定していました
高く伸びる声は少年時代のマイケルを彷彿させます
第二のマイケル
出て来るのかなあ
最後にあの歌を合唱してイベントはフィナーレへ

投稿者 吉田雅彦 : 2009年7月 8日 04:26

家族の謝辞、最後は実娘のパリス
゜生まれてからずっと最高だったパパ!
今でも大好きというのが精一杯、でした。

投稿者 吉田雅彦 : 2009年7月 8日 04:45

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー