2010年01月15日

JALのジャンボ

2784.jpg

日本航空の支援を来週19日に決めることが、
前原国土交通大臣と鳩山総理との会談で
了承されました。

日航の経営再建計画案の中には、2015年
までに、37機あるボーイング747ジャンボ機
全てを退役させる案も含まれています。

写真のジャンボ機は、747-400で日航が
ワンワールドに加盟したのを記念したスペシャル
塗装機の模型です。

1970年にデビューしたジャンボ機は大量輸送時代の
花形機として世界中でもてはやされ、史上最も成功した
旅客機と言われました。

数多くの航空パニック映画にも登場し、旅客機史上
最も有名な機体となりました。

そのジャンボ機も世界経済の低迷と省エネの波に
飲み込まれるように、徐々に第一線からその姿を
消そうとしています。

ボーイング社は次世代のジャンボ機を開発中ですが、
超大型機の将来は決して明るいものではありません。

マンモスのような生涯を辿るのか、それともかつての
華やかさを取り戻すのか、いましばらくその行く末に
注目していきたいと思います。

写真の模型は、日航のグループ企業の「JALUX」が
企画販売しているもので、こうしたものを購入することに
よって、少しでも経営再建に貢献できればとマニアは
思うのです。

| 21:25 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

JALって一時期コンコルド持ってましたよね?

投稿者 ピー : 2010年1月15日 23:14

田中さん、おはようございます!!
「かつての華やかさを取り戻す・・・」ぜひそうなって欲しいですね!!
一番最後の、「企画販売品を購入する事によって、少しでも経営再建に貢献出来れば・・・」の心理、痛いほど解ります・・・(何度もその心境になりました・・・)

投稿者 ちなみん : 2010年1月16日 10:53

ピーさん、ありがとうございます。
超音速旅客機コンコルドは、世界各国のナショナルフラッグキャリアが発注しましたが、実際に購入して運航を行ったのはコンコルドを製造したイギリスのブリティッシュエアウエイズとフランスのエールフランスの2社だけで、残りの航空会社は購入も運航もしていません。
1970年代中頃に登場したコンコルドは、17機が製造されましたが、騒音問題と燃費の悪さがたたり30年ほどでその姿を消しました。
昔、日東のプラモデルに日本航空のデカールが入ったコンコルドがありましたが、日航のコンコルドは実現しませんでした。

投稿者 ホヅミ : 2010年1月18日 10:02

ちなみんさん、ありがとうございます。
日航が行っている「ちびっ子工場見学」が大人気のようですが、日本には体験型航空博物館がありませんので、
こうした修理工場の一般公開をどんどん行って、多くの人たちに航空機への関心を高めていって欲しいと思います。
出来れば大人にも開放していただいて、パイロットや客室乗務員の体験コースを設けて欲しいものだと思いますが・・・・・・そんな余裕ないっか!

投稿者 ホヅミ : 2010年1月18日 10:10

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

カテゴリー