2009年10月02日

嬉しいニュースが飛び込んできました!

嬉しいニュースといってもオリンピックの
話ではありません。

三菱航空機が開発中のリージョナルジェット
「MRJ」が、海外の航空会社から初の受注を
受けました。

それも、なんと!100機前後の受注です。
海外からの受注はこれが初めてで、今後の
受注拡大に弾みがつくのではと、期待が
広がっています。

「MRJ」は、先ごろ吉田さんもブログで紹介されて
いたように、主翼の主要部品を炭素繊維複合材から
通常のアルミ材に素材を変更しました。

これは炭素繊維複合材を採用した場合、強度を
保つ為に補強材の追加設計が必要となり、
これを行うことによって重量が増加し、従来のアルミ材と
あまり変わらなくなってしまう事が判明したためと
言われています。

それなら経験豊富な従来のアルミ材での加工のほうが
信頼性がより高まると判断したようです。

これと併せて居住性の観点から胴体直径を一回り
大きくしました。
(正確には胴体の縦の直径を6.4センチほど拡大しました)

これによって初号機の納入が約3カ月ほど遅れると
言うことですが、今回の受注には影響は及ぼさなかった
ようです。

「MRJ」の最大の売りは燃費性能と低騒音性能、それに
居住性の良さで、特に燃費性能は新型エンジンの
PW1000Gの採用で従来のジェットに比べ12%も
燃費が良くなっていると言われています。

競合するロシアのスホーイ・スパージェット100や
ウクライナのアントノフAn-148、それに中国の
ARJ21と比べても遜色はなく、カナダのボンバルディア
CRJ700やブラジルのエンブラエルERJ170とも
互角かそれ以上の性能を誇っています。
(かなり遠慮した表現にしていますが・・・・笑)

今回、海外初の受注を行ったのは、アメリカの大手
地域航空会社を傘下に持つ、トランス・ステーツ・
ホールディングス。

厳しい競争にさらされているアメリカの企業が「MRJ」を
受注したことで、「MRJ」の燃費の良さ、低騒音性、
居住性の良さが世界中に知れ渡ることになり、
環境ブームの高まりと相まって、日本製リージョナルジェット
の人気は益々高まりを見せそうです。

| 17:10 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

 炭素複合材からアルミに変更したため、三菱重工に言われて炭素複合材を処理できる機械を導入した下請けが大変なことになるみたいですね。

投稿者 kikka : 2009年10月 2日 17:22

田中さん、お疲れさまです。
田中さん、拝見していて鳥肌が立ちました!!
もちろん、いい意味の方です(笑)
100機前後の受注・・・すごいですね!!
田中さんの興奮が伝わって来ます・・・
ここのところ、明るいニュースの少なかった航空業界、特に今回、100機前後受注、軌道に乗れば、日本製・アルミ素材のリージョナルジェットが、大空をはばたく姿、早く見たいです!!

投稿者 ちなみん : 2009年10月 2日 17:36

胴体直径見直しだったんですか!.大手術
というか作り直しに等しい大英断だった
んですね。それが奏効したのか,大量受注。
他社の判断にもプラスに働いて欲しいものですね。
北米からの受注とはちょと意外でした。が、
ココで評価されたことは安心材料だとおもいます。
本社の模型も作り直し必至でしょうか???
新型が出来たらまた撮影してまいります。

投稿者 吉田雅彦 : 2009年10月 2日 18:19

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー