2009年09月18日

私のラジオデイズ87

鳩山新政権がスタートしました。

閣僚人事に続いて委員長ポストや
副大臣も決まり、難問山積の政治の舞台に
躍り出たことになります。

あとは国民と一体となった鳩山劇場がどのように
展開されるのか、メディアは厳しい監視の目を
光らせることになります。

16日の特別国会初日、新人議員たちの
初登院風景を自宅のテレビでのんびりと
見ることが出来ました。

現役時代は、取材するメディア側の人間として
マイク片手に議員たちの間を駆け回っていたのを
懐かしく感じながら・・・・・・

民主党の新人議員143人は、さすがにバスに
よる集団登院ではありませんでした。
メディアの取材にもしっかりと対応していました。
(当たり前ですよね!国会議員なんですから)

国会一番乗りは、民主党の新人三宅雪子議員、
何と!午前8時の開門より5時間も前に
国会正門前に到着しました。

「歴史的な瞬間に一番乗りをして、有権者に
意気込みを見せたかった」と話しています。
三宅議員の祖父(母方の父)は労働大臣などを
務めた石田博英氏、代議士のDNAは立派に
受け継いでいます。

午前8時、普段はめったに開かない正門の
ゲートが開けられると、三宅議員は仲間の新人議員
とともに、議事堂に向かって深々と頭を下げ、
議員生活の第一歩を印しました。

DNAと言えば、小泉純一郎元総理の次男の
小泉進次郎議員も印象に残りました。

メディアの殆どは民主党の新人議員一色でしたが、
小泉議員は別格でした。

記者に抱負を聞かれると、「ぼくら(自民党の新人)
5人が143人分(民主新人)働けばいい。むしろ
チャンスだ」と答えました。

また、国会議員としての目標を問われると「国民から
この人に首相になって欲しいと思われるような
議員を目指す」と答えました。

さらに、今は与党である民主党に関心が移っているが、
自民党の立ち居振る舞いも注目されていると、冷静に
自らが置かれた状況を分析する口調は父親そっくりで、
将来が楽しみな議員の一人ではあります。

今回の新人議員たちの発言は概ね好感をもって
受け止められる内容のものが多く、今後はそうした
自らの言葉で若い人たちに閉塞感を打ち破るような
斬新なメッセージを発信していって欲しいものです。

| 16:10 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。

今日は、亡き妹の誕生日、長津田のお墓参り経由実家へ、お墓と仏壇の両方に手を合わせる事が出来ました・・・

去年からそれが可能になったのですが、去年は仕事で泣
く泣く断念、今年は悲願を果たせました!!
健在なら、妹も今日不惑の仲間入り、という節目の年だけに、どうしても実現したかったのです!!

DNAの点で言うと、自分達兄妹が一番似ており、そして自分達の原点である母に似ているのです。
ところが、実家到着寸前、電車の車窓に映る自身を見て、「やはり父にも似てるわ・・・」と思っていたところでした・・・

三宅議員の心意気やよし!!ですね。
一番乗りは、自分もこだわっているだけに、非常によく解ります。

小泉議員の逆転の発想・前向きさ、逆転の発想は、今の政治に求められるものですし、単に二世議員サラブレッドの立場、世間の予測を大幅に超えて、骨太・気骨がありますね!!

田中さんにお話お伺いして、その気骨・気概に賭けたくなりました!!

投稿者 ちなみん : 2009年9月19日 00:11

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー