2009年05月25日

FXに新たな動きが・・・・

FX、といっても、あの金融商品のことでは
ありません。

昔はFXと言えば、次期主力戦闘機と
決まっていましたから、最近の新聞の
見出しにFXの文字が躍ると、一瞬、
次期主力戦闘機の記事かと思ったりして
困ったもんです。

さて、きのうの共同電によると、
航空自衛隊の次の主力戦闘機の選定を
めぐって、アメリカのゲーツ国防長官が
開発中のF-35ライトニングⅡの採用を
日本側に打診していたことが分かりました。

現在、日本が進めている第4次F-Xの
選定作業は、退役が始まっているF-4EJ改
ファントム戦闘機の代替となる戦闘機を
導入する計画で、ご存知のように日本側は
世界最強の戦闘機F-22ラプターを喉から
手が出るほど欲しがっています。

ところが、アメリカ側は最新テクノロジーの
海外流出を理由に輸出は一切認めていません。

こうなると、時間ばかりが無駄に過ぎていき、
ファントムの賞味期限は過ぎるは、次期主力
戦闘機は決まらないはで、崖っぷちギリギリの
状態になりつつありました。

そこにきてゲーツ国防長官の発言です。
共同電は「F-35は良い飛行機だ」とのコメントを
伝えています。

この発言、裏を返せば「F-35は日本に
売るには良い飛行機だ」と言っているように
聞こえるのですが・・・・・

このF-35、いったいどのような戦闘機かというと、
現在、ロッキード・マーティンが中心となって
開発が進められているJSF(Joint Strike
Fighter)=直訳すると統合打撃戦闘機と
なります。

つまり、空軍も海軍も海兵隊も同一機種で
統一しようということで、通常離着陸型の
機体に加えて艦載機型、短距離離陸・
垂直着陸型の3タイプを開発中です。

統合戦闘機というと、その昔、マクナマラ
国防長官が空軍と海軍の戦闘機を統一
させようとしてF-111を開発したものの、
海軍型のタイプの重量増加で海軍の採用を
あきらめたいきさつがあります。

こうした苦い経験がありながら、再び同様の
開発計画を推し進めていることに対して、
一部に不安視する向きもありますが、
すでに、アメリカとイギリスが共同で開発作業を
行っており、最終的にヨーロッパを中心に
10カ国が採用するのではないかと見られるなど、
その生産機数は5000機以上になると言われています。

2012年に実戦配備が予定されていますが、
開発スケジュールが日本のF-Xの選定作業と
かみ合わない部分もあり、基本戦略も含めて
今後の動向が注目されます。

いっその事、国産機でとの声もありますが・・・・・?

| 11:00 | コメント(7) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

これは防衛省の情報漏洩に他なりません。
秘密厳守な欧米各国(他国にバラしたら極刑は当たり前)、一部発展途上国に比べ日本はまだまだ情報統制がなっていない証拠ですね。F22のスペックが良いのは知っています、アメリカ政府も守りたい技術は守り通す、スジを通した結果ですね。
妥協せずにF22を導入したい防衛省の気持ちは分からないではないですが・・・。(どこかの脅威がある・・・)

投稿者 小人部隊一号 : 2009年5月25日 11:32

田中さん、お疲れさまです。
自分は、昨日、14年半使用したFAX=固定電話を買い換えたばかり、どうしてもFXがFAXに見えてしまいます・・・(笑)
ファントムの退役は非常に残念ですが、確かにF-22ラプターが世界最強なら、是非導入を!!、と考えるのは、自然の摂理でしょうね・・・
せっかく、今、日本でも航空機産業の興隆・国内供給への道程が進んでいる訳ですから、国産機の就役も良いのではないでしょうか?

投稿者 ちなみん : 2009年5月25日 13:41

ラプターは無理!新型F-15Eの日本バージョン?、ユーロファイタータイフーン?、スーパホーネット?、F-35はまだきちんと飛んでないですよね?私としてはグリペン、ラファールが好きですが。
コンナハナシ皆さん退きますね。
ファントムの後継の話ですけどもイーグルの後継も後々考えなけりゃならんのですよね。
韓国、台湾と共同開発とか…無いですかね。RCSのモックアップはカッコイイすけどあれから広げてとか。
皆さんドン退きデスね!

投稿者 池田宗明酔っ払い : 2009年5月25日 22:31

小人部隊一号さん、ありがとうございます。
戦闘機=戦いを宿命づけられた兵器である以上、最高
の性能を求められるのは当然で、各国(戦闘機開発が
可能な国)は、競って最強の戦闘機を開発しようと
します。ところが、悲しいかな最新テクノロジーは
その国の技術力に比例します。
技術力があっても戦略上、最強の戦闘機を必要としない
国もあります。
制度によって最強の戦闘機をわざわざ二流戦闘機に改造してしまう国もあります。
日本にはどんな戦闘機がふさわしいのか、国民の納得
のいく論議も必要なのではないでしょうか。

投稿者 ホヅミ : 2009年5月26日 07:42

ちなみんさん、いつもありがとうございます。
FX=FAXのお気持ちよく分かります。
私にはMD(ミニディスク)がマクドネル・ダグラスに
見えます。
ワシントン・DCもダグラス・コマーシャル(ダグラス
社製の旅客機)に見えてしまいます。(病気か?)
さて、国産戦闘機というと三菱F-1に始まり、現在は
F-2が支援戦闘機として配備されていますが、防衛省
では、将来の戦闘機の在り方として「心神」という
概念モデルを発表しています。
実現するかどうかはともかくとして、国産戦闘機の
方向性を示すものとして注目されます。
国産かライセンス生産かは、常に論議の的となるところですが、自らの国家の防衛戦略がどのような道を辿ろう
としているのかに関心を持つことは大切なのではないでしょうか。

投稿者 ホヅミ : 2009年5月26日 08:10

池田宗明酔っ払いさん、ありがとうございます。
ちなみんさんにも書いたのですが、国防に関心を持つことは決して悪いことではないと思います。
戦争がいけない事であるのは人類の共通認識ですし、
誰もが戦争のない世の中を望んでいるはずです。
しかし、現実はまだ戦争を根絶する段階までには至って
いません。
国家間に不信感がある以上、国民の生命と財産を守るための備えをしておかなければならないのは国家の責任だと思います。
そうした現実に即したご意見は個人的に大歓迎です。

投稿者 ホヅミ : 2009年5月26日 13:47

このF22、もし日本へ売るなら一機247億円になるとの事。その他の戦闘機は100億台なのに、めっちゃ高い!超高性能ステルス機ですもんね、こればっかりは仕方ないですかね?

投稿者 小人部隊一号 : 2009年6月 8日 02:04

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー