2009年02月23日

いぶき

shoibuki.jpg



 週末は
 私が所属している
 NPO気象キャスターネットワークの
  総会および講演会、勉強会でした。

 地球温暖化の最新情報や
 宇宙から見た
  地球の環境の変化について
   興味深い話が聞けました。

 ↑ 記念に頂いた 地球観測衛星「いぶき」のピンバッジです。
  
気象や気候の研究は
 断定ができない事ばかりだけれど
  今の様子を知ること
  そして それに基づいて 考え 
  そこから 今  行動できることを することが
   大切だと感じました。
 

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の 寺澤勝也氏の講演によりますと
地球全体の二酸化炭素は どこに どれだけあるのか
  実は 今はまだよくわかっていないそうです。
 1月23日に打ち上げられた
  「いぶき」によって 
 今まで地上の282ヶ所しかなかった 二酸化炭素の観測地点が
     5万6000ヶ所にまで増えました。
 これから高頻度に観測され
       解析されていくことと思われます。

  

| 09:28 | コメント(1) | カテゴリー:東海林克江

コメント

東海林さん、お疲れさまです~
見た事があるバッヂだと思いましたが、それもそのはず、昨日東海林さんの(個人)ブログで拝見したばかりでした(^-^)v(こちらも毎日チェックしています!!)
東海林さん、最近の気温の変化もそうですが、以前のように理屈や、前年以前のデータでは説明がつかない事が増えている気がします…
二酸化炭素の排出もそうですが、もっともっと検証が必要ですね!!

投稿者 ちなみん : 2009年2月23日 13:45

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

カテゴリー