2008年12月12日

アントワネット出現!

と言っても、何のことやらお分かりに
ならないでしょうね!

とにかくこの写真をご覧下さい。

IMGP5224.JPG

この得体の知れない生き物は、
きのう我が家の洗面所の壁に留まっていた
蚊の一種と思われる生物です。

鏡に移動したところをご覧頂きましょう。

IMGP5230.JPG

右側が本体で左側は鏡に映っているこの生物の
裏側です。

不気味な写真で申し訳ありませんが、
これまで見たこともないような蚊(だと思いますが)
だったので、思わず写真に撮って見ました。

写真を撮ったもう一つの理由は(こちらのほうが
大きな動機なのですが)、この生物、
何と!1909年に初飛行に成功した
レオン・ルババッスール設計のアントワネット単葉機に
そっくりなのです。

稚拙で申し訳ありませんが、その機体の絵を
ご覧下さい。

IMGP5233.JPG

1960年代の後半に公開された映画
「素晴らしき飛行機野郎!」にも登場する
このアントワネット単葉機は、1909年7月19日に
ラタムの操縦でドーバー海峡の横断飛行に
挑戦しましたが、エンジントラブルで失敗し、
世界初のドーバー海峡の横断は、
ルイ・ブレリオが乗ったブレリオ単葉機に
先を譲られました。

その後は、当時の長距離飛行の世界記録を
樹立しています。

来年はアントワネット機誕生からちょうど
100年になります。
その前年の年の瀬に我が家を訪れた
アントワネットによく似た「蚊」・・・・・・

知って知らずか、飛行機をこよなく愛する
人の所に現われたこの小さな生き物に
なにやら愛しさを感じました。

きょうも部屋の中をエンジン全開で飛び回っていましたが、
あの憎らしい蚊が、こんなにも愛しいとは・・・・・

どなたか、この蚊の名前ご存知ありませんか?

| 18:00 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

今、田中さんに「刺されませんでしたか?」と伺ったところ、「刺すような蚊ではない!」とのお答え。ふむ。
羽を広げて1.5cmというところらしいですが、確かに不思議な姿ですね。グライダーにそっくり。新種発見?

投稿者 とまる : 2008年12月12日 17:38

田中さん、遅くなりました…
なるほど、蚊にもこのようにロマンチックなお話があるのですね!!
田中さん、残念ながら、自分もこの蚊の名前を知りません…
田中さん、こんなしっかりしたデザイン画、描けません…
22年前に専門学校へ行っていた時、デッサンの実習もありましたが、とてもこのような細密なデッサンは出来ませんでした…
蚊にも愛を…ですね!!

投稿者 ちなみん : 2008年12月13日 07:54

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー