2008年09月28日

私のラジオデイズ48

これは、その時ラジオを聴いていた
一部のリスナーと、一部の関係者しか
知らない事なのですが・・・・

「ジェット・ストリーム」の城達也さんは、
一度、喉を痛めて声がまったく出なくなり、
私がピンチヒッターを務めたことがあります。

ここだけの話ですが・・・・

それは「ジェット・ストリーム」の放送回数も
1000回を迎える頃でしょうか、記憶が定か
ではないのですが、ある時、ディレクターから
城さんの声が突然出なくなった事を知らされ、
急遽、ピンチヒッターをさせられました。

「ジェット・ストリーム」は城さんでもっている
ようなもので、何人たりともその聖域を侵す
ことは許されません。

にもかかわらず、突然のことなのでほかに
ナレーターや声優を起用することは出来ず、
逆に無名のアナウンサーのほうが都合が
いいとの判断がなされたのかどうかは
知りませんが、とにかく、「お前やれ!」
てな訳です。

正直、一瞬二の足を踏みました。
「私に出来るの!」 これが率直な感想です。

スタジオ収録の準備はすでに出来ています。
迷っている余裕などありません。
すぐに収録テープを完成させないと放送に
間に合わなくなってしまいます。

長い人生の間には突然とやってくる自分自身では
どうにもならない、運命のようなものがあるようですが、
私にとってはこの時がその運命なるものだったのでしょう。

とにかく、3日分ほど収録してその場はなんとか無事に
収まりました。

仕上がりが云々ではなく、なんとか城さんの真似事の
ような(真似であってもうまく出来るわけはありません)
ことをして、無我夢中だったことを覚えています。

数日後、またいつもの美声が戻った城さんに、
スタジオの廊下でお目にかかった際、
「先日はありがとうございました」と声を掛けられました。

何と光栄なことでしょう!
「ジェット・ストリーム」のナレーションを担当出来た上に、
城さんに声を掛けていただくとは・・・・・


これは、ひょっとしたら私の「白日夢」かも知れません。

前にもお話したように、城達也さんは放送開始から
番組を降板されるまで7387回の間、一度も休んだ
ことがないことになっています。

これが公式の記録で、その輝きはいささかなりとも
色褪せるものではありません。

衰えを増す私の記憶の中で、この記憶はやがて
忘れ去るものなのかも知れません。

その後間もなく、「ジェット・ストリーム」は放送
1000回を迎え、都内のホテルで関係者を
お招きしてパーティーが開かれました。

その時の司会を務めた記憶だけは今でもはっきりと
覚えています。

| 10:00 | コメント(5) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
自分も、過去声が出なくなった事が3度程あります・・・
接客業で、元々喉が弱い上に、風邪をこじらせ、店頭で声を出さない訳にいかず、声が出なくなったしまったのです・・・
表面はそれほどでなくても、喉の奥が真っ赤だった事もあります・・・(今朝も怪しげです)
田中さん、どうにもならない運命は、自分の場合は、妹と母の他界でした・・・
妹の時は、正直何も出来ませんでしたが、母の時は、あとに残ったのが持病・障害もある父の為、自然に自分のやるべき事、使命は次々と頭に浮かんで来ました!!
辛い体験が人を成長させると言いますが、こういう事は経験しない、もしくは少しでも遅い方がいいですね・・・
田中さん、こちらは、白日夢などではなく、稀有な体験ではないでしょうか・・・
自分も、自身の仕事が完璧だと思った事はほとんどありません・・・
だからこそ、日々努力し続けます。
この輝かしい記憶は、田中さんの中で、最後まで大切になさってください!!
表面に出る事がなくても、輝かしい・誇らしい事ってありますよね!!

投稿者 ちなみん : 2008年9月28日 11:35

田中さんのラジオデイズをいつも心待ちにしています。
「ジェットストリーム」は一番好きなラジオ番組でした。
城達也さん、なつかしいです。
受験の頃、一休みの夜食タイムに聴いていました。
そうですか・・、田中さんがピンチヒッターだったことがあったなんてビックリです!
田中さん、これからも知られていない裏話、たのしみにしています。

投稿者 しし座のたえ : 2008年9月28日 21:33

こんばんわ
そんなことがあったんですか。
公式記録と実記録に差があるものはいくつでも存在すると思います。
永久に語られずになかったことになってしまうことよりも、きちんと語られて後々にまで残ることの方が重要だと思います。
とくに黎明期から初期の話は墓まで持ってゆかなければならないようなまずい話もあるでしょうが、「今だから言えること」を数多く残していただきたく思います。

投稿者 PAKU : 2008年9月28日 22:15

初めてコメントを書かせていただきます。J-WAVEリスナー4年目ですが、ちょっと前までは「ジェット・ストリーム」を毎晩のように聴いていました。心地よく眠りを誘うので本当に助かってました(笑)。残念ながら城達也さん時代は聴いたことがないのですが、聴いてみたかったです。

でも母が城さんの「ジェット・ストリーム」を若い頃聴いていました。親子で同じ番組を聴いていたなんてびっくりしました。でも、城さんにも「喉を痛める」ことがあったのを知ってもっと、驚いたかもしれません。


私はJ-WAVEよりちょっと年上、ぐらいの若造ですが、田中さんの「私のラジオデイズ」はとても興味深いです。ラジオ番組やCMソングなどの歴史、アナウンサーやスタッフのお仕事など、知らないことばかりだったので。これからも連載続けて下さいね。

投稿者 さとこん : 2008年9月30日 23:05

ちなみんさん、しし座のたえさん、PAKUさん、
さとこんさん、ありがとうございます。
皆さんがFM放送の黎明期に大変興味をお持ちの
ことが分かり、大いに励みになります。
前にもお話したことがあるのですが、何せ当時の
資料がほとんど無い状態で、頼るのは私の古くなった
記憶のみです。
出来る限り当時の出来事を思い出しながら正確を期して書いているつもりですが、時には思い違いがあるかも
知れません。
その際はどうかお許し下さい。

投稿者 ホヅミ : 2008年10月 3日 15:14

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

カテゴリー