2008年05月26日

モナコ見ましたか?

フェラーリの天下かと思えば
ハミルトン優勝、今回は頑張りました!
ロズベルグ最初の接触が無ければ・・・・
練習走行の出来映えが良かっただけに
期待も大きかったんですが・・・
フォースインディアもリタイアした
とはいえ不気味な存在。
どたばたあり、順位変動沢山ありで
実況も忙しいレース!無傷で走るのが
ことさら難しいレースになりました。
最後のペースカー後
グリーンフラッグの後の展開、
まだまだ見たかったんですが・・・
一貴、なかなかいい仕事しましたね
前にはホンダエンジンのバリチェロ!
負けられない戦い・もう少し見たかった
気もしますが2時間ルールで打ち切りは
残念!

今年もいいレースを見せてもらったなあ、
やっぱりモナコはいいもんですね。

ポイント獲得回数で観ると
ナカジマ、ロズベルグ、トゥルーリが三回
上を見ればマッサ、ハイドフェルド、コバライネンの四回と
トップクラスの名前ばかり.ナカジマの更なる飛翔に期待

| 01:48 | コメント(31) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、観ましたよ!
まさに波乱のモナコ。
雨でのスタートやベテラン・強豪陣の相次ぐアクシデントやクラッシュ。
一瞬も目が離せないレースでしたね。
結果は出ませんでしたが、いち早くドライタイヤに切り替えたアロンソの判断力はさすがでした。
スーティルの無念さは…言葉には出来ないでしょう。が、フォースインディアの躍進を見せてくれました。上位に食い込んだレッドブル・トロロッソはも不気味な存在になっていますね。リタイヤ続出中、辛抱強く頑張り、日本人初のモナコ入賞を果たした一貴は素晴らし過ぎます♪
ただ、国際映像ですから観たい場面がなかなか(笑)
トゥルーリ・クビサが後退したシーンが見られなかったし(私が目を離したスキに出たのか?)
順位の変動についていくのが大変な場面が多かったです。
まぁ、眠い目を擦りながら観ていたので、今晩バレーの延長で泣く泣く床に就いた主人と共に、もう一度録画をじっくり観たいと思います。
最後にレース前に流れた琢磨のインタビュー。
F1復帰への自信がみられた力強い表情に、期待が高まりました。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月26日 08:07

フォースインディア、レッドブル・トロロッソ
このうちひとつがaguriだったら・・・・
と、今更ながらに思います.せめて琢磨が
シートに収まっていれば・・・・・
たらレバばっかりですね
一貴も地道にポイントを貯めつつあり
上位を伺うポジションに定着しそう
これから先は何処でブレイクするか
シーズン後半に大きな期待を持たせてくれます。
レース中色々あると、編集作業も頭を悩ます
事になります。一貴も早く国際映像を
席巻する存在に成長して欲しいものですね。

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月26日 11:05

たらレバ話ばかりは私も同じ気持ちでした。
せめて、モナコまで走れたら・・・とか(^^;)
言っても仕方が無いことですけどね。
ウィリアムズも、上記で名前が挙がった3チームもプライベートチームですね。
カスタマーシャーシの問題などでトロロッソも何かと心配ですが、とにかく成績を残してそんな話を吹き飛ばして頂きたいですね。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月26日 12:57

ま,aguriチームが去ったあとも
新興勢力続々活躍ということで
シーズン後半を大いに盛り上げて欲しいですね
そして一貴の頑張りからも目が離せません。
今回の練習走行、ウィリアムズなかなかいい
走りを見せていたので、これからのレースも
本当に楽しみです。請う・ご期待!

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月26日 15:29

見ました、モナコ!仕事中だったのでチラチラ横目で…だったのですが、そのたびにクラッシュとかいろいろあって、ハラハラドキドキでした。
全くの初心者の私にはよく分からないことも多いのですが、とにかく一貴の7位入賞というのはすごいですよね!それに、ご贔屓のハミルトンがやっと一位になって満面の笑顔が見られて嬉しかったです。
それにしてもモナコ…♡♡
吉田さん、映画、撮っていただけます??

投稿者 とまる : 2008年5月26日 17:45

え、映画撮らせてもらえるんですか?
じゃあ、壁登りとランニングシーンを活かした
アクション映画で、役どころは・・・女刑事?
それとも崖っぷちのポチを救出する女性・
レスキュー隊員?走るシーンでNG乱発すると
ダイエットにも効果的だったりして?
(ダイエットドキュメンタリーに変更か?)
タイトルは「とまる/はしる/のぼる」!
まだまだモナコへの道は遠いか??
色々な意味で今年のモナコは今後に期待を
抱かせる要素を見せてくれました。
今年を制するのは・・・・・
を語るにはちょっとまだはやいかな?
次戦、カナダは例年地上波でも生中継されるので、
たっぷり楽しめます.より夜更かしの覚悟が必要
ですが・・・
あ、とまるさん!ラブシーンも必要でしょうか?

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月26日 17:57

吉田さん、とまるさん、映画を作るようでしたら、私もスタッフに入れてください!付き人でも何でもしますから、モナコに連れていってぇ~(笑)
本当にこのモナコは今後が楽しみな展開にしてくれましたね。フェラーリにとってはモナコは鬼門になってますね。
今、主人と録画を観ていましたが、改めてみてもアロンソの追突はペナルティとられてもおかしくないほど無理な突っ込みでしたね。次のカナダも荒れる予感?!
とまるさん、モナコだけでなく、ずっと観続けてくださいよぉ~。私も車の事は全く知らない素人(免許持ってませんし)ですが、ドップリハマってますしぃ♪

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月26日 22:11

じゃあ、脚本はにゃんにゃんにゃんこ★さんの担当
ということで.お昼ご飯の調達もお願い☆
ラブシーンの味付けには存分に腕を振るって
もらう事にしてと
相手役の選定、難しいですね、ギャラ的に・・・
ラストはウェディングベルでハッピーエンドか
or崖の上で無事救出した子犬と熱い抱擁か
(トレンド的は後者かな?)
免許があってもサーキットライセンスを
持っていたにせよ、あのモンスターマシンを
操れるのは世界で一握りの人たちのみ。
それでも、現代のF1は自動化が進み
自動クラッチにアンチスキッド、昔に比べ
テクニックに依存する度合いが低くなりました。
反面、旋回にともなう遠心力は増すばかり。
体力がモノを云うアスリート競技に変貌した
とも云えそうです.で、今年は少し昔の方向に
スイッチしたレギュレーションになったという人も
ハミルトンが苦戦した経緯はこんなところに
あるのかもしれません。それにしても
イケメンで戸丸サン好みのハミルトン似の俳優
・・・・・・・・・・・・誰かいますか?

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月26日 22:37

吉田さん、完全に出遅れました・・・
その上、レースを見ずにコメントを付けようとしています(汗)
夜は、23時を過ぎると眠くなり、コメントの書き込みすら難しくなってきます・・・(日付も変わってしまいました)
この数日の悲願は、まともにベッドで毛布等をキチンと掛けて寝る事です(今晩こそ!!)
ただ、一貴のインタビューは、一瞬朝のテレビで見ました・・・
「ればたら」(敢えてこう言わせて頂きます)は、亡き先輩に競馬の時言われて、常にしないよう努力しています!!
とまるさんの映画は、自分も監督・演出さて頂きたいです!!

投稿者 ちなみん : 2008年5月27日 00:34

脚本・・・大役ですね(笑)
ハミルトンに憧れるとまるさんが、彼と少しでも同じ気持ちを味わいたいと、レーサーを目指すなんてどうですか?そのためのトレーニングの一環としてランニングやウォールクライミングのシーンを入れるとか・・(笑)
でも、なかなか上手くいかなくて、モナコの丘で風に吹かれて黄昏ているところに、ハミルトンが来て二人が出会う・・・なんてベタな恋愛ものだな(笑)
私にはその才能はなさそうなので、お弁当や宿泊先の手配を・・・
それはそうとして、前号のF1速報でケケだったかな?ピケだったかな?今のF1はハイテク化も進んでいるので、自分には操作が覚えられないだろうから、今のマシンは乗りこなせないよって、笑っていましたけどね(笑)
ドライバー達は体力本当に必要でしょうけど早さを求めるからあまり体重も増やせないだろうし・・・
今年からTCがなくなり、テクニックも大切にはなっていますが、やはり昔に比べると・・・ですね。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月27日 09:00

資本参加・出資・現金の持ち込みも大歓迎
どんなに巨額でも拒みませんが監督・演出は
譲れませんね。私がカンヌに行く手段です。
ウォールクライミングは是非モナコ周辺の
ワインディングロードでロケしたいですね
となると、ストーリー的には何らかの理由で
崖下からの生還を目指すという展開に・・・
役どころは82年に事故死したモナコ王妃の
悲劇を追うべく、秘密裏に事故現場を調査中の
日本の特捜官=tomaru。が、背後から謎の手が迫り
彼女は子犬もろとも崖下へ・・・・・・
で、崖の上で待ち受けるのは通りがかりのハミ君???

とまるさん愛用のマーチ(に新色登場!)
マーチカップというレースでも活躍、走りのデータを
ログに残す事も出来ました.参戦するなら
サーキットライセンス取得法からもてぎ攻略法
レースの実況に至るまで手取り足取り教えます!
鍛え甲斐あるなあ

次回カナダのあとは夏の英仏独の三連戦です
比較的高速コースが続くので
ややフェラーリ有利に展開するか?
ハミルトンは勢いを取り戻せるか?
一貴の勝負どころが何処になるかも併せて
今年ほど期待に満ちたシーズンも珍しいのでは
ないでしょうか?

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月27日 12:35

捜査官tomaru。かっこいいですね(笑)
捜査官tomaruが助けた子犬はハミ君の愛犬だったとか!
もう、こうなったらハミルトン役は本人でどうでしょう?そうなると更にGPに行ける確率が高くなる!!
って、とまるさんがいない隙に好き勝手言い過ぎました?(笑)
確かに今年のF1は本当に1戦1戦が面白い!
モナコが終っても、誰が今年を制するか予感さえないです。まぁ、フェラーリ・マクラーレンが有利だとは思いますけどねぇ。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月27日 13:17

その時ハミ君がドライブしていたのは開発中の
マクラーレン!一人しか乗れないシートを指差し

“You drive this,my lady!"
「君がここに座るんだよ」

"Sorry,but my license's permitted to automatic transmission"
「え、ア、あたしオートマ免許しか無いんですけど」
するとサイドポッドに腰掛けたハミ君

'No worry! you're not to be bothered with such a pedal!"
「心配ないんだよ、クラッチペダルなんか
付いていないんだ・・・・・」

恐る恐るタイトなシートに体を滑り込ませる
捜査官tomaru。

あ,ひとつ発見です。捜査官tomaruは英語堪能だったんだ!
・・・・

もひとつ朗報です

琢磨の去就について、にわかにルノーのシートが
注目されている様です.夏の盛りにも結論が・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月27日 21:03

捜査官tomaruと出会ったハミ君も捜査に協力…あれ?とあるタクシーが出てくる映画になっちゃうからダメか(笑)ところで戸丸さんはストーリーがここまで進んでいるのをご存じなのでしょうか?さて、私も琢磨が夏にルノーのテストを受けるらしいという噂はチラッと聞きましたが…ルノーはアロンソがフェラーリに移籍するとかしないとかの噂がありますし、ピケJr.の成績が今一つですからねぇ。
アロンソとタッグを組むなんてのは面白そうですがね(笑)
HONDAもバトンが契約についての話し合いを始めたとか…バリチェロも確か契約は今期いっぱいでしたよね?
琢磨がHONDAに戻るのも悪くないですが、より強いマシンに乗って欲しいのがファン心理ですよね。まぁ、無いと思いますが赤い車やシルバーの車とか…(笑)
でも今はやはり…どのチームでもいいから早く帰って来て欲しい(祈)ですね。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月27日 21:30

ベッソン監督の映画の美人捜査官は格闘シーンでも
見事なアクション&脚線美を見せてくれていましたね。
とまるさん、またまたトレーニング追加で~す!!
実は捜査官tomaru 、グレース王妃の転落事故現場で
埋もれていた秘密の遺品を発見、それを知ったモナコ大公、
金曜日のパーティーに彼女を招待します。が、
捜査官tomaruパーティードレスの持ち合わせが無いぞ!!
六点式シートベルトを締め込みバイザーをおろす、
"I must hurry up to Paris!!"
「私、パリまで急用があるんですの、急がなくちゃ♡」
やおら、思いっきりアクセルを踏みつけるtomaru
のけぞるハミルトン.子犬はどうした!

琢磨とホンダエンジンのジョイント実現は
実際のところ難しそうですが
あのベテラン・ドライバーがいる
中堅チームのシートというのも面白そうですね。

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月28日 00:19

にゃんにゃんにゃんこ★さん、とまるさんの驚き!?のコメントが付くのは、あさって17時台に間違いありません!!
この時間は鬼門なので、コメント反映されるのが5日後、9時前後になる可能性がありますが、うまくいけば土曜19時以降の夜か、日曜昼前のどちらか・・・(前者の方がより可能性は高いですが←吉田さんの記事なので、裏技!?でコメント反映される可能性ありますが^^)
とまるさんは、他の皆さんの記事にも万遍なく目を通して、コメント付けられる事が多いですが、その時間はニュース勤務開始直後、次はあさって・GLの最中・17時台です^^v(たまに予測つかない時間帯にコメント付いていたりしますが)
先程のBT・生メール聴けましたが、当社は上司にも「ご苦労様です」なのですよ・・・
自分も35歳ぐらいまで(自分が店長になったのが35になる年でした・・・2000年)普通に使っていましたが、部下からは「お疲れさまです」と言われる事が多くなり、上司には「ご苦労様です」、部下には「お疲れさま」と使い分けるようになりました(本当は逆ですが)
自分より上の40代後半以降はほとんど「ご苦労様」ですが、30代より下の世代は「お疲れさまです」がほとんどで混在しています(上司も、自分のように使い分けている方が増えました)
さて、映画の件ですが、吉田組(チーム吉田の方がしっくりくるでしょうか・・・)の「とまる/はしる/のぼる」は着々と進行中ですが、演出・監督の夢を捨て切れない自分は、別のプロジェクトを立ち上げたいのです!!
ショートフイルムでもいいのですが、企画は「猫・スイーツ・お笑い・鉄道」の中からで(全部でもいいのですが)〈笑)
こちらの脚本・プロットもにゃんにゃんにゃんこ★さんにお願いしたいと思うのですが、いかがでしょうか?
何かシナリオ・アイデアがあればお聞かせください!!

投稿者 ちなみん : 2008年5月28日 10:41

やはり、琢磨がHONDAエンジンのマシンを動かすのは難しいでしょうか・・・それにしても↑は満面の笑顔の写真ですね、素敵です(笑)
復帰してくれるならチームはどこでも良いと思いつつ、出来ればかっこいい(似合う)レーシングスーツのチームが良いななんて思うのは女心?ビジュアルも大切です!!
ビジュアルと言えば、モナコGPを観ていた主人が「なんでハミルトンのヘルメットが黄色かやっと分かった」と言っておりました。それまでハミルトンの憧れがセナだったことを知らなかったようでした。私はセナのヘルメットの色まで意識して観ていなかったですけど・・・
さて、モナコ大公のパーティで捜査官tomaruをエスコートするのは誰でしょうか?そして、ハミ君の子犬が謎解きの重要なヒントを持っていて・・・なんて(笑)
>ちなみんさん
「お疲れ様」取り方は色々で面白いですよね。私は「こんにちは」の響きが大好きなので良かったと思いますが・・・。
映画の件は大役過ぎますよ~。上の「とまる/はしる/のぼる」は吉田さんの話に乗っかっているだけですから(笑)
大好きな猫の面白行動なんかはお話しできますけど♪
ちなみんさんの作品観てみたいです。出来上がったら是非何処かで発表してくださいね(^^)v

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月28日 13:00

この唇から「今度、◯△×◇凸凹からエントリーする
佐藤です.頑張ります!」
というコメントを聞きたいものです。

オンボードカメラに映る黄色いヘルメット!
パブロフの犬のようにセナを連想しました。
レーシングスーツは沢山ロゴの入ったモノがgood!
広告の多少は生活に係って来ますからね

捜査官tomaruのエスコートは・・・・
ハイ!ここに琢磨投入です。
どうやって二人が知り合うか?ですが
子犬は実は琢磨が飼い主で、空港ではぐれた
迷子の子犬は、独りモナコの町並みをさまよい
偶然見かけたハミ君が世話を見て・・・
あれれ、どこかの英会話教育番組で
聞いたような・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月29日 00:58

確かに、次に琢磨が乗るマシンとレーシングスーツには沢山のロゴ(大きなロゴも大歓迎)が入った物を期待しますね♪
最近になってやっと一部の人限定で、ヘルメットの色で誰かを見極める事が出来るようになりました。成長が遅いぞ、私!!
・・・ってここで琢磨が投入されるのですかぁ!!
琢磨ファンとしては少々複雑ですが、捜査官tomaruが相手なら許しましょう(笑)ところで監督、モナコパーティのシーンで私もエキストラで入れてもらえませんか?小さく背中だけ映るだけで充分ですので(大笑)
それにしても、ハミ君は良い人ですねぇ・・・

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月29日 10:15

パーティーで後ろ姿をチラ見せするなぞの女性
大抵の映画では、鍵を握る人物か運命の女性が
こんな登場の仕方しますよね.で、握ってる秘密は
何?

今年のデザインで際立つのは
車体の空力デバイスの開発競争です。
エンジンパワー競争も重要ですが
ダウンフォースをいかに稼ぐか・・・
小さなプレート一枚でも
数十kgという負圧を産み出せば
ドライビングにも大きな影響を与えます。
中堅チームの躍進の陰には
こんな秘密があるのかも

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月29日 11:04

もしかして、HONDAの「ウサギの耳」もその一環なのでしょうか?妙に可愛らしくて気に入っておりますが、素人目には「邪魔ってことはないよね?」と少々疑ったりもして・・・
前号の「F1速報」にその辺りの比較を特集していたような気もしますが、まだじっくり読んでいないので(^^;)
「F1速報」と言えば今日は最新刊の発売日♪モナコGPの詳細・裏話など楽しみです。
そういえばFIAの某会長の後任案にプロストの名が上がっているとかいないとか・・・こちらの方はまだまだ落ち着かないようですね。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年5月29日 12:42

きょうほど「F1速報」が待ち遠しいのも
久しぶりです。早速これから家に帰って
一気読みです。空力話は多分同じネタ元か
あのサイトだと思います。
ウィングも段々ギザギザプになって
タミヤ泣かせになっています。
プロストが会長になると、ますます
ルノーが有利になったりなんかして・・・
オールフランスのチームを作ろう
なんて話が再興するかもしれませんね。

投稿者 吉田雅彦 : 2008年5月29日 21:55

……すみません、満を持して(?)とまるです。
知らないうちに大変な展開になっておりますね!
吉田さん、捜査官tomaru、英語は出来ませんが様々なトレーニング、頑張ります!!最後はもちろん泣く子も黙る超絶ハッピーエンド、ヒロイン至上主義映画でお願いイタします。

投稿者 とまる : 2008年6月 2日 01:41

ヒロイン至上主義映画も色々大変ですよ。
韓国の人気監督がメガホンをとった最新映画では
主演女優、鼻の骨を折ったり,
まばたきの許されない演技に挑戦したり・・・
英語のレッスンに,もてぎでの特訓。
トレーニングが終るのは来年のモナコ以降か??
泣く子も黙る超絶ハッピーエンド、
やっぱり結婚、出産なのかなあ?
それとも子犬が無事飼い主の元に戻って・・・
あ,相手はいかが致しましょう??
『魔法にかけられて』(Enchanted)で
おバカな王子役を好演したJames Paul Marsdenも
最新作「27-dresses」で,いい味出してますね
その前にラブシーンも必須となりますが
こればかりは特訓と言われても・・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月 2日 03:25

相手役は、わがままを言わせていただければ日本語のできる…つまり日本人だったりするとなおよし。岡田准一さんとか?森山直太朗さんとか?きゃ♡♡
ラブシーンは体当たりで頑張りますっっ
…ってなにがなにやら、ほんとうに…すみません。このあたりで終わりにしましょーか(^^;
====================
岡田准一さんとか?森山直太朗?,
ギャラや出演交渉が難しそう・・・・
なので急遽大原さんの愛犬”ブレンダちゃん”と
感動の抱擁で幕!(女の子同士だけど・・・)
ということに・・・・
(吉田)

投稿者 とまる : 2008年6月 2日 17:04

岡田君賛成!!って、私が会いたいだけ?お弁当渡したいなぁ(笑)

さて、1日に行って来ました、「F1展」
Cooper T51から始まり、ルノーR25の分解展示まで計8台のマシンと壁一面を使ってのF1の歴史・・・覚えきれませんでしたが、とても勉強になりました。(Lotus Type77の「黒いマシンカラーが格好いい!」と言ったら、主人が「夏は暑いよ」と夢のない一言)
特にMcLaren-Honda Mp4/4からWilliams FW14BそしてFerrari F2005の3台は、放つオーラが違いましたね♪
セナ・マンセル・シューマッハ・・・スター達が乗ったマシン、カーナンバーやドライバーの名前が書かれているのを見ただけで鳥肌物でした。触れはしなくても、間近で見られるので、皆下から除いたりしていましたよ。
個人的にはアロンソも好きなのでR25が出来るまでのVTRには釘付け、分解展示を見てテレビ画面では見られない細かな部分が見られたのも良かったです。
過去の変遷がメインですから、スーパーアグリに関しては、最近参戦し始めた他のチームと同じボードにほんの数行しか書かれていませんでしたが、最後の1行が、「2008年 撤退」だったので、涙が出てしまいました。この展覧会が始まった頃はまだ撤退表明していなかったはずなので、急遽足したのでしょうね。
お客さんは男性が圧倒的に多いだろうと思っていましたが、カップルや家族連れ、そして女性同士(セナファンが多かったようです)も多く、年齢層も幅広かったです。
贅沢を言えば、もっとたくさんのマシンを見たかったですね。展示場の広さなど諸事情も有るでしょうけど、主人いわく「せめてメルセデスが1台見たかったな」と(笑)
それと、グッズが高すぎる(泣)
まぁ、分かってはいた事ですけど、庶民にはミニカーよりもやや大きいだけのものに30万円も出せませんから(笑)シューマッハのサイン入りサングラスより高いですよ!!
主人は何らかの模型を買うつもりで、お財布に諭吉さんを何人か足して行ったらしいのですが、目を付けた物がことごとく想像をはるかに超える値段だったので諦めていました。私もパンフレットだけしか買いませんでしたし・・・庶民向け価格のストラップとか模型とかもう少し欲しかったです。展示を見て気分が上がり、買い物する気満々だったので、二人の落ち込みはすごくて、帰りの電車はため息ばかりでした(笑)
まぁ、家に買えてからはパンフレットを見ながら盛り上がりましたけどね♪
本当に行って良かったです。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年6月 3日 09:31

「F1展」Cooper T51はなかなか見る機会も稀で
よく集めたなあと感心します。(ホンダにも無い??)
マクラーレン、ウィリアムズはF1人気頂点の頃のマシンで
きっとあの時代の熱気が滲み出てくるんでしょうね。
Lotus Type77のブラックカラーなどは
日本車にも黒を流行させるきっかけとなり
ジェミニ,セリカ、シルビア等相次いで黒を纏って
登場しました.タバコもJP.S.をお土産に買って・・・

分解展示もあって手の込んだ展示だった様ですね。
スーパーアグリも管財人の手に渡って,いずれはどこかの
博物館に収まるのでしょうか・・・
限られたスペースに幅広く集められたマシンは
興味深いものばかりで、開催までの苦労が伺えます。

グッズ類が高いのも今時のF1界を象徴しているのかも
模型なら田宮製の優れたものが沢山あるので、
作りながら分解展示を再現してみるのも
面白いかもしれません。分解展示のルノーよりも
遥かにリアルに「分解」できます。

展示を見て十分満足されたようで,良かったですね
主催者に代わってお礼申し上げたいくらいです。
かつてのF1ブームでだいぶ女性ファンも増えた筈。
元を正せば鈴木亜久里の表彰台あってのブーム
といっても過言ではないですから・・・
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_1635/pid_9.html

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月 3日 10:34

マシンだけでなく、ホンダエンジンの開発の歴史(4台位あったかな)やブリジストンタイヤの展示(実際にレースで使ったタイヤもあり、表面についたラバーなどは臨場感がありました)、そして短い時間ながら昔のレースの映像を流したり(昔は優勝したチーム代表が、ゴール直前にコース内に入っていって、帽子を投げるという恐ろしいこともやっていたのですね)、「アロンソと周回」というタイトルで、アロンソの目線でコースを1周する映像もありました(笑)

やはりセナ人気は健在で、セナの写真やマシンの前に長く止まる人が多かったです。(主人もその一人)
私はフェラーリの赤のあまりの綺麗さについ、「・・・欲しい」と思いましたね(笑)
模型に関しては、プラモデルや鉄道模型が好きな私の父の元に定期的に送られてくる田宮のカタログが有るはずなので、次回帰省した際に見せてもらおうかと(笑)

実は当日はF1解説者の小倉氏のギャラリートークがあったのですが、私達はお昼前に行ったので、3時間近く回った後もう一度2時間のコースに参加する気力がなかったのですよ(笑)面白い話が聞けたかもしれなかったのでそれも残念でしたね。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年6月 3日 10:59

小倉さんのトークショー
興味深い話が一杯だった様ですね.ちょっと勿体無い?
ロータスもブラバムも中嶋悟や亜久里と同じ時代まで
一緒に走っていた伝統あるコンストラクターでした。
ウィングカー、ベンチュリーカー、(ティレルの
6輪車)、スポンサーカラー等々
様々なアイディアをF1界に持ち込み,
車体開発で大手メーカーに負けない奮闘を見せました。


セナと並んで天才の名を冠せられながら夭逝した
ジル・ビルヌーブもいまだに忘れ得ぬ存在です。
ジャックの父でフェラーリドライバーだった彼の
四半世紀以上前の活躍を知る人はさすがに少なく
なりましたが,残された息子ジャックの走りには
しっかりとそのDNAが生きています.彼も
また,ウィリアムズでチャンピオンに輝いた
一人です。彼の成長を陰ながら支えた多くの
ドライバーがいた事も忘れる訳にはいきません。

そのビルヌーブの名前を冠した”Circuit Gilles Villeneuve”に
FIA会長の信任投票で留任叶ったマックス・モズレーとともに
今年もF1サーカスが帰って来ました。



今週末は記念すべき30周年のカナダグランプリ開幕です!!!!

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月 3日 19:17

六輪車の展示はさすがになかったですが、パンフレットにはしっかり載っていました。
ジル・ビルヌーブ・・・名前は知っていましたが、やはり私にはビルヌーブと言えば、息子のジャックの方が浮かびます。
昔のドライバーは結構事故死(レース中だけでなく、移動中などの飛行機事故も多かったですね)されている方が多かったですね。
・・・そういえば昨日でしたね。モズレー氏は留任ですか・・・直前までエスレストン氏からかなり辞任をするようにとのアドバイスがあったようですが・・・
まぁ、これで騒動が落ち着いてくれれば良いですね。
週末はいよいよカナダです。楽しみですね♪

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年6月 4日 09:46

ビルヌーブの事故では,現代の安全装備なら
死ななくてもすんだのにという声も挙っています。
セナが亡くなるまでの10年程は,決して
命がけのスポーツでは無かったんですが・・・
マックス・モズレー時代,もう少し続きます。
初めてF1を現場で見るようになったのも
氏の就任の頃だから,まあ良しとするか???
あさっての今頃はカナダのパドックが賑わう頃!

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月 4日 18:13

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー