2007年02月24日

2月24日 きょうのぽけっと 風と寒さ

shosamui.jpg きのう雨を降らせた低気圧は
 東の海上で発達しています。
 本州付近は等圧線が込んでいて
 特に関東付近は
  等圧線の間隔が狭くなっています。
 間隔が狭いということは
 風が強いことをあらわしています。

東京でも平均風速10m/s位の風です。

北風が冷たい一日です。

さて・・・・
風が1m/s吹くと 体感温度が1℃下がるなんてよく言いますよね。
風が強いと寒い・・・というイメージがありますが、
実は 風が弱くても寒い日・・・というのもあります。
それが・・「放射冷却」です。

地面の熱が上空に逃げて 
    冷えた地面近くの空気の温度がグットさがる・・こと。

昼間は 太陽の光を浴びて 地面は温められます。
日が沈むと 地面からは熱が逃げていきます。
そして 地面に接している空気も冷やされる・・・
 で、空気の温度も下がる・・・というわけです。

この放射冷却が起こるには
二つの条件があります。
① 晴れていること
② 風が弱いこと

晴れていると 熱がどんどん逃げていきます。
風が弱いと 冷たい空気が地面付近に溜まります。

つまり・・・
もし雲があれば、雲がお布団の役割をして
熱が逃げにくくなります。
もし風が強いと 地面付近の冷たい空気と 
    その上の少し暖かい空気とが混ざって
    気温が下がりにくくなるのです。

夜に星空がきれいだ~~!
      風も無くていいな~なんて思っていると
次の朝 ものすごく冷え込む・・なんていうことになるかも!!

| 11:07 | コメント(0) | カテゴリー:東海林克江

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー