2007年01月27日

1月27日 きょうのぽけっと 

shoharekumori.jpg きょうは 東京地方は
 「晴れ昼過ぎから時々曇り」の予報です。
 
 では・・・合計で 最大何時間位 くもりの時間があると
    予報しているのでしょうか?

 天気予報では 「一時」と「時々」をこんな風に分けています。
 気象庁の用語集によりますと・・
  「一時」は その現象が連続的に起こり、
         その発現期間が予報期間の4分の1未満のとき。
  「時々」は その現象が断続的に起こり、
         その発現期間の合計時間が予報期間の2分の1未満のとき。

 う~~~ん・・・わかりにくですねぇ・・・
 じゃ・・たとえば一日のうちでの曇る時間の予報では・・・とすると、

  「一時」・・一日の中で連続して曇る時間が6時間未満
  「時々」・・一日の中で断続的に曇る時間が6時間以上12時間未満

  ということ・・

  つまり・・・「時々」のほうが曇る時間が多いわけです。

 そしてもうひとつ!
  午前中や午後などのほかに 天気予報では
  一日を3時間ごとに分けています。

  午前 6時~9時まで   朝のうち
  午前 9時~12時まで  昼前
  午後12時~15時まで  昼過ぎ
  午後15時~18時まで  夕方
  午後18時~21時まで  宵のうち
  午後21時~24時まで  夜遅く
  午前 0時~3時まで   午前3時頃まで
  午前 3時~6時まで   明け方

   となっています。
  これからの天気予報のお供に・・・お役立てくださいませ。

| 12:10 | コメント(0) | カテゴリー:東海林克江

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

バックナンバー

カテゴリー