2006年10月20日

すれ違う人々・・・

六本木の街ではいろいろな人とすれ違う。
声を掛け合うことはほとんどない。
でも、先日・・・
「六本木ヒルズのノースタワーはどちらですか?」
グレーっぽいスーツを着た小柄な40代位の男性に道を尋ねられた。
「この道をまっすぐ行った左側ですよ。」
「アイスクリーム屋に行きたいんです。」
「コーヒー屋さんが見えますから、その裏ですよ。まだ開いてるのかしら。」
「23時くらいまでやってるみたいですから・・・」
「じゃあ、あと2時間あるから大丈夫ですね。お気をつけて~。」
「・・・これでラブレター書いて送ると100年、恋が実りますよ。」
「ハァッ???」

532-2.jpg

草花の美しい絵の描かれた和紙製の封筒・・・、そして・・・、

532.jpg

こんなメッセージなどの書かれた便箋を差し出され、えっ何?と思って振り返るとその方の姿はすでになし。
「何なにナニィィィ???」と狐につままれた感じ。
しかし、まぁ、不思議な出会いではあるが嫌な気持ちはしなかった。
自称ロマンチストのその方は、和紙製の封筒などの製作にたずさわっていらっしゃることが、手にした2つの贈り物から分かった。
みんないろいろ頑張って生きてるんだなぁなどとプチ感動を覚えたのでした(^^)
いいもんだよ、六本木!

あっ、東京タワーと毛利庭園を撮り続けようと思ったけど・・・今日も靄ってるんだもん。やめちゃった(ーー;)

| 14:41 | コメント(0) | カテゴリー:木次真紀

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー