2020年06月13日

旧田町電車区

開業から間もなく3カ月になろうかという新駅、高輪ゲートウェイ。まだ開業していないイベントも首を長〜くして千客万来の日を待ち続けています。

真新しい駅を見学しに行くなら今日にだって可能。じゃあ何が見どころか?

Dscf3021ここは昔,田町の電車区や機関区に客車やら電車やらが沢山並んでいた場所。今でも昼の休眠時間をここで過ごすサンライズ特急の姿や215系二階建て車両を真近に見物できるのです。

昔だったらブルートレインや九州からはるばる1日以上費やして上京してくる夜行急行の旧型車両、もちろん急行型153系や準急車両157系なんかがいた場所です。

夕方も4時を回ると相次いで九州方面行きのブルートレインがすぐ脇を通過して、反対側には九州発の上り急行が長旅を終えようとホームに滑り込んで来るタイミング。さくら、はやぶさ、みずほ、富士、そしてあさかぜに、瀬戸、出雲。ちょっと遅れて急行銀河、横浜駅に停車する頃にはどの列車も食堂車は営業準備でおおわらわ、通学の帰りにこれから九州路に旅立つ客を羨望の眼差しで見つめたものでした。

Dscf3023今でも残る寝台特急はサンライズのみ。はやぶさやさくらの暖簾は場所を替えて新幹線の名称として陽の目を見ましたが銀河やあさかぜ、富士の名跡は・・・・


広大な敷地を眺めているとつくづく遠い昔の鉄道全盛期を目に浮かべてしまいます。

| 14:07 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー