2020年06月16日

愛的迫降

16日午後、北朝鮮側は南北連絡施設の建物を予告通り爆破したことをニュースで伝えた。国境を越えて飛んでくる宣伝ビラを止めないとホントに破壊するから!と公言していた通りに実行したものだ。
このところ北朝鮮から発せられるメッセージの大半は金正恩の妹、金与正(キム・ヨジョン・김여정)から発せられるものが多く、とりわけ昨今は内容も過激なものになっているのが気になる。

ところでネット配信動画の世界ではいま、韓国ドラマ「愛の不時着」が世界的なブームを巻き起こしている。財閥令嬢で自身も会社経営者の손예진(ソン・イェジン)がパラグライダーで飛行中、誤って国境を越え、北朝鮮兵士の腕の中に強行着陸してしまうという、あのドラマだ。
財閥令嬢でわがままなナッツ・リターン副社長(チョ・ヒョナ・趙顕娥)がピーナッツの出し方が悪いとクレーム、自社の航空機の離陸を中断させてしまう位の強引な設定でもある。(もしかして、あのキャラクターがドラマのモチーフだった??)

まだ20歳そこそこの頃のイェジンは色白で泣き顔の可愛い清純派の女子大生を演じていた。のが、今回は饒舌で強引なキャラクターに一変。恋愛に不器用なイケメンの北朝鮮兵士に一目惚れするという設定。この構図は日本で大ヒットしたフジTVのドラマ、東京ラブストーリーにも通じるところがある。
自由奔放で積極的な赤名リカが一目惚れした中途採用社員、カンチをグイグイ惹き込んでゆくというあの筋書き。前5話は絶頂迄を描き、後半5話は奈落の底までを辿る‥‥・という構成も前8話の北朝鮮パートで彼を追う立場、後半8話の韓国パートでは追われる側に回るという流れにやはり似ている。

韓国パートでは軒並み高級ブランド服を纏って登場する彼女だが、北朝鮮パートで装う、質素だけどダサカワなファッションも人気・ギャラ共にナンバー1女優の彼女の美しさを見事に引き立てているのが興味深い。
総じて北の暮らしぶりや人民に対して暖かい視線を送りつつドラマが展開するのも、昨年までの融和ムードがあったからこそ。4月以降、表立って発言するようになってきた金与正の指揮下では、とてもこんなドラマの企画は難しかった、のかもしれない・・・・・・

| 17:12 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー