2020年06月19日

アサカメ休刊

月刊アサヒカメラが休刊、大正以来94年の長い歴史に幕を降ろす最後の特集は構図の研究。もっとはやく載せてくれたら良かったのに!
連載記事を始め大御所達から休刊を惜しむ声が寄せられている。この15年来カメラを取り巻く環境も激変した。新しいカメラを物色しながらページを捲らなくなったのは何年前からだろう。一眼レフからどんどんペンタプリズムの三角屋根が消滅し、些か興味が薄れたのも無関係ではあるまい。

コロナ騒動で広告出稿が激減したのが一因とも聞くが、書店であまり手に取ろうとしなかった一読者としても責任の一旦を感じずにはいられない。

写真文化は廃れるどころかいまだかつて無い数の画像データが流通している、とはいえ紙に焼き込む写真プリントをとんと見なくなったことも事実。紙文化と言うもの自体が大きく変革を迫られているのが今の時代というものだろう。

でもまだ、カメラ雑誌をもっと読みたい。しばらくは図書館で、あるいは渋谷SQsquareのツタヤで真新しいバックナンバーを目にすることが出来る今のうちに足繁く通っておこうと、と意を新たにしたREIWA(=使用中のiPad miniに変換候補は無い)二度目の6月19日でした。

| 10:43 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー