2019年09月04日

広尾線

P1100148

どういう経緯で手に入ったのか全く覚えていない(愛国から)幸福行きの切符。(たぶん誰かからのプレゼント?)昭和49年当時はディスカバー・ジャパンの国鉄キャンペーンが盛んなりし頃、全国から北海道のローカル線駅にも大勢の俄かマニアが殺到したものです。帯広から南に延びる広尾線は帯広空港にもほど近く,廃線となった後も駅舎やホーム、車両などが残されていて、いまだに観光スポットとしての求心力を失っていません。

もっとも60円では今どき最低区間すら乗車できませんが・・・・・・

| 18:05 | コメント(7) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、こんばんは。
小学生の頃、広尾線が舞台のテレビドラマを見た記憶があります。
確か広尾線は、国鉄⇨JRになる前に廃線になりましたね?
私がハタチの時、横浜発着で一週間
青春18きっぷで北海道を旅したことは
今でも、大切な思い出です。

投稿者 海老名市のまこと : 2019年9月 4日 22:36

ほかにも北海道には廃線となった路線がいくつもあって深名線や中標津駅などは現役時代を見ているだけに、寂しさが募ります。
昔は良かった、国鉄の関しては絶対そう断言できると思います

投稿者 吉田雅彦 : 2019年9月 5日 16:00

吉田さん、こんばんは。
私が中学生だった頃、国鉄の車掌さんをやりながらシンガーソングライターだった
伊藤敏博さんが、ザ・ベストテンの中継で
乗務する列車を降りて、車掌さんの制服で「サヨナラ模様」を歌ったのを
かっこいいなあと、テレビを見た記憶があります。
もしかしら、記憶違いかも知れませんが・・・

投稿者 海老名市のまこと : 2019年9月 5日 22:25

今、ちょうどBSの再放送で名寄本線、池北線の廃線跡を辿る旅番組を見ているところです。十月の錦絵のような紅葉を見に、またホッカイドゥを旅してみたくなりました

投稿者 吉田雅彦 : 2019年9月 7日 14:18

吉田さん、こんばんは。
池北線といえば、松山千春さんの出身地の
足寄を通った路線ですね!

投稿者 海老名市のまこと : 2019年9月 7日 21:50

吉田さん、こんばんは。
私がハタチの時、青春18きっぷで訪れた小樽に
昨年、成田〜新千歳のジェットスター機で日帰りしました。
小樽駅から小樽港までの道路が拡幅されて、見晴らしがよくなりましたが、昔の面影がなくなりました。
小樽駅前にあった「喫茶店エンゼル」で宿泊費を浮かせる為、深夜滞在させてもらったのですが
もうお店はありませんでした。
他にも夕食を食べたラーメン屋さん、その後に行った銭湯もなくなっていて、すご〜く寂しい気持ちになりました。

投稿者 海老名市のまこと : 2019年9月 7日 22:09

銭函から小樽までの車窓からの海の景色は
ハタチの時に見た景色同様に、美しかったです!

投稿者 海老名市のまこと : 2019年9月 7日 22:12

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

カテゴリー