2017年10月26日

TOKYOMOTORSHOW(TOYOTA①)

今回のショーで姿を見せた新しいクラウンにも注目です。後ろ姿はこれまでの公用車イメージとはガラリと変身、ご近所の現行車オーナー氏の目にはどのように映るのでしょうか?この形のパトカーが警視庁に配備されるかどうかも注目です!

P1200531

おもてなしをテーマに市販が始まった「ブルーキャブ」次世代タクシーキャブの提案です。価格も室内高も思ったより高く、すぐには普及しないかもしれませんが、ファミリーカーしてのポテンシャルも十分。


P1200534
P1200537


女の子なら着替えも楽にできそうなスペース、サーファーはよく、こうした実用面に真っ先に目を付けるものです。ルノーカングーもRVとしての素質を見抜いたのは日本のユーザー、密かなブームを呼ぶのでは?と期待しています

| 00:06 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

「JAPANタクシー」は面白そう。でも、後席センターアームレストがないんですよね。

投稿者 JT : 2017年10月28日 09:45

後席中央の乗り心地を考えるとアームレストと両立は難しそうですね。コストアップにもつながるし
金曜日、早速麻布で市販車を見かけました

投稿者 吉田雅彦 : 2017年10月28日 20:30

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー