2017年10月27日

TOKYOMOTORSHOW(SUBARU.NISSAN)

今月にかけて、相次いで検査問題がスクープされた日産とスバル、ニュース発覚の微妙なタイミングには何らかの意図すら感じてしまいますが、製品開発のクオリティ自体には関係ありません。そもそも国内向けに限定された今回のニュース、輸出向けには端からこんな検査など存在せず、誰も問題扱いしていません。そりゃともかくとして
VISIV PERFORMANCE CONCEPT
Imgp9990スバルは毎回大仕掛けの展示方法が迫力、今回はコンセプトモデルを油圧で持ち上げたりぐるぐる回したり、車体自体には手を加えていないのがちょっと物足りない気もしますが、この車はひょっとして次期レガシB4?と気を揉ませてくれます。

日産はEV&プロパイロットの進化版コンセプト IMx
Imgp9980

航続距離600km、最大トルク70kgmを誇る電気自動車の理想形。自動運転はオプションでいいから早く実用化しないかな?

でも、気になるのはやっぱりNISMO版の新しいリーフです。
Imgp9977
オフブラックの内装に革巻き風ステアリング。そして特別チューンが施された制御系、EVでもスポーティーに走るマインドを忘れない姿勢は「買い!」です

| 12:13 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

リーフ悪くないんですけどね。
日産もスバルも頑張ってほしい。そうでなきゃ自動車業界面白くない!

投稿者 JT : 2017年11月 1日 09:51

両社ともにフルタイム四駆スポーツセダンの雄、とすると敵対勢力は……あまり同業者を疑いたくはありませんが

投稿者 吉田雅彦 : 2017年11月 3日 00:02

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー