2017年10月30日

TOKYOMOTORSHOW(MAZDA)

そのデザイン手法の高いレベルは世界中から一目置かれているマツダ・デザイン。今回も世界に誇るデザインスタディを出展しています。
ダークカラーを身にまとったヴィジョンクーペは4ドアの美しいセダンを提案。P1200456Imgp0041
VISION COUPE
ロングノーズと短めのテール、このバランスは70年代にもてはやされたプロポーションでした。スカG人気にあやかって、ブルーバードもセリカもサニーもロングノーズ版を用意し、力強さと豪華さを売り物にしていたものでした。80年代になると短いノーズに長いキャビンを組み合わせ、居住性を重視したデザインが増えてきます。やがてミニバンブームとともにノーズはさらに短く、フロントガラスも手が届かないほど前方に移動して、運転席からエンジンフードが見渡せる車はタクシーとスバルくらいしか見当たりません。

より現実的なアプローチを見せているのがこちらの「櫂」
これは次期アクセラのデザインスタディでしょうか?
P1200475

セダンよりもグッとスポーティーなプロポーション、これだったらマイカーとして乗り回しても飽きずに済みそうです。
後方視界の問題とか、このままで市販化は望めそうにありませんが、今までにも具現化したコンセプトは数多いマツダだけに、次のモデルチェンジに期待が持てそうです・・・・・・


| 22:57 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

良いんだけど、この手のデザインばかりになってきた感が…。

投稿者 JT : 2017年11月 1日 09:46

全社でイメージ統一するのは実は大変難しいこと。時間もかかります。大きなメーカーほど困難です。実際にやり遂げたらそれはスゴイ事だと思うんですが……

投稿者 吉田雅彦 : 2017年11月 2日 17:24

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー