2016年05月17日

1980

1980年。既に人類は地球防衛組織SHADOを結成していた・・・・こんなナレーションで始まるSF近未来ドラマ「UFO」はサンダーバードやキャプテン・スカーレットなどのヒット作を制作したJ&S.アンダーソン夫妻による実写ドラマでした。魅力的なメカの特撮シーンは勿論模型を使ったもの。でも,劇中車に使われたシャドー・カーは実車が作られています。
ストレイカー司令官(エド・ビッショップ)の専用車/Straker's Car はガルウィング・ドアを持つくさび形の未来カーでした。設定は1980年ですが制作・撮影された60年代末には,まだカウンタックもベンツC111もデビュー前でした。いつかこんなクルマに乗れるオトナになりたいな〜と思っていましたが、国産車で量産ガル・ウィング車が買える様になったのは90年代に入ってから・・・・今はもうありません。

DSC_6691.jpg
シャドー・カーもいつしか忘れられた存在でしたが、今回ホビーショーの会場で再会する幸運に恵まれました。とはいっても市販の製品ではありません。写真は着色前。モデラーが写真から採寸,正確な図面を自作して1から作り上げたオリジナルです。3Dプリンターが普及すればこんな作品も沢山出品されることでしょう。将来が楽しみなのもホビーショーの魅力です。

| 09:33 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2016年 12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

カテゴリー