2014年12月02日

最新型機を導入

 ニュースルームに新しい鉛筆削りが導入されました。今までのようにばねを引っ張って鉛筆を挟む必要がなくなり、ハンドルを回すと自動的に鉛筆を吸引、削り終わったらハンドルを逆に回すと、ほ~ら削りたての鉛筆が自分から飛び出してきました。

2014-11-28%2009.05.44.jpg


 どういう仕組みなのか、ちょっと内側をのぞいてみると・・・・

 鉛筆を削るメインのドリルの手前には、鉛筆を送り込むローラーが一対、ハンドルに連動して回ります。がっちりロックして鉛筆を掴むのではなく、ある程度滑るので、削っている間は常に鉛筆を送り込もうとします。2014-11-28%2009.08.22.jpg

 ハンドルを逆回転すると、鉛筆を排出、実によく考えたものです。流石日本の技術力!!

| 11:35 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

カテゴリー