2012年06月26日

公開走行試験

栃木の豊かな森の中に作られた国際レーシングコース
「ツインリンクもてぎ」のコレクションホールに保存された
レーシングマシンは時々エンジンに火を入れて,実際に路上を
走ります。

今回はF1創成期の名車たちを,そのエグゾーストサウンドと共に
目の前で堪能出来る公開試験。

60年代第1期ホンダF1時代のRA272、RA300
第1期を締めくくる,ある意味完成品のRA301
そして,RCB1000は耐久マシンの名作です

まだまだ数えきれないほどのマシンたちが唸りをあげる姿は
往年のグランプリシーンを彷彿させるもの。
時々こうして我々レーシングファンを喜ばせてくれるのも、また
ホンダと云う企業ならでは。

数々の二輪、四輪車を展示したコレクションホールの一画に
刻まれた本田宗一郎の言葉
「大抵のことはやろうと思えば叶うもの」
モータリゼーション黎明期の日本に誕生し、
世界的な企業へと成長したホンダの初代ワンマン社長の
破天荒な,しかし重みのある一言です。


公開試験が終わってコレクションホールを探索してみます
もう何度か訪れたホールの一角には図書コーナーがあります
主な自動車雑誌のバックナンバーは大抵揃っているほか
我が家の書棚を埋めていた自動車関係の新刊書も
ほとんどがここにありました。とても数時間でお気に入りの本を
チェックするのは無理な相談です。

夏休みの日々を自然に囲まれた茂木で読書三昧。デフレの時代
そんな休日の過ごし方があってもいいかなと思います。

| 20:10 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

茂木で読書三昧・・・考えもつきませんでした。
第10戦メキシコGPで、念願の初優勝を果たしたのはRA272E、自分の生まれた4日後でした。
父方・祖父と同じく、家族で唯一水曜生まれ(他の3人は全員木曜)は小学校の時から認識していましたが、ここでも証明されました。

投稿者 ちなみん : 2012年7月 1日 23:52

乗車しているのはどちらも宮城さんですね。RCBのナマ音聴いてみたいっ。
それにしても、あそこに収まっているコレクションの大多数が「動態保存」と言うトンデモナイ素晴らしさ。
ホンダさんスゴスギです。

投稿者 KAWAノリ : 2012年7月 3日 00:53

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー