2012年03月18日

F-5B製作続行中!

%EF%BC%B0-%EF%BC%93%EF%BC%98-%EF%BC%91.jpg

5月の静岡ホビーショーに向けて「ろうがんず」会員一同、
目下、出品作品を製作中ですが、自分のF-5Bは大分
形が整ってきました。

毎年、5月に開催される「静岡ホビーショー」では、
全国から参加したプラモクラブによる合同作品展が
行われます。

名だたる凄腕のモデラーの皆さん方と一緒に自分の
作品を展示出来るのは、光栄でもあり恐れ多いこと
でもありますが、それはそれとして参加出来ることの
喜びを存分に味わえるチャンスなのであります。

今回製作しているのは、誰のものでもない自分だけの
・・・・・・サンテックスことサン・テクジュペリの最後の
機体、F-5Bです。

F-5Bは、前にもお話ししましたが、第二次大戦中の
アメリカの戦闘機、ロッキードP-38Jライトニングの
偵察型です。

%EF%BC%B0-%EF%BC%93%EF%BC%98-%EF%BC%92.jpg

F-5Bはプラモキットとしては発売されていないので、
ハセガワのP-38Jの機種下面を偵察型に改造して
います。
(実機は白い部分にカメラが搭載されています)

さて祖国、フランスのためアメリカの参戦を訴えていた
サンテックスは、度重なる事故で自ら傷ついた体に
鞭打ってパイロットを志願し、偵察部隊の一員として
活動に従事します。

しかし、1944年7月31日、コルシカ島の基地から
フランス内陸部の偵察任務に飛び立ったサンテックスは
そのまま帰らぬ人となったのです。

この時に搭乗していたのがF-5B、機体ナンバーは
42-68223で全面ジュラルミン無塗装のままの機体
でした。
(垂直尾翼には268223のナンバーが塗装されて
いました)

偵察部隊にはこの他、2機の機体が配備されており
233は全面無塗装、273は全面ヘイズブルーが
塗られていたようです。

問題は223のプロペラスピンナーです。
スピンナーとはプロペラの軸の部分に取り付けられ、
空気抵抗の軽減とエンジンの冷却効果を高める
コーン状の部品です。

この色をどうするか・・・・・・
無塗装とするか、それともこれは私の想像ですが、
他の2機の機体のスピンナーがブルーらしき塗装に
見えるので(273は確実にブルーですが)ブルーに
すべきか迷うところです。
(それも模型作りの楽しみの一つですが・・・・・)

「静岡ホビーショー」は5月17日(木)から20日(日)
まで開催、一般公開は19日(土)、20日(日)の
2日間となっています。

| 10:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | カテゴリー:田中穂蓄

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://pod.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/19628

コメント

田中さん、お疲れさまです。
今回、田中さんのお生まれになった年がキーワード、とも言えるF-5Bを作成中、なのですね。
プロペラスピンナー、青好きの自分は迷わず青に塗りそうですが、やはり正確を期したいですね!!
田中さん、ちょうど1週間前、RCエアワールド最新号、拝見しました。
「ホスピタリティー」「良き人程・・・」と感じながら拝見、目頭が熱くなりました・・・
「ラジコンを操るカッコ良過ぎる田中さん」が誕生したのは、あのような感動的な秘話があったのですね!!
時間の関係で、著述を読む機会は激減(皆無に近いですね・・・)、田中さんのRCエアワールドだけ、になっている部分もありますが、今年に入って一番感動した著述、になりました。

投稿者 ちなみん : 2012年03月18日 14:06

ちなみんさん、RCエアワールド、毎号お読みいただきありがとうございます。
自分の書いた記事が掲載されている雑誌を本屋さんで見かけるのは嬉しい気分にもなりますが、逆にものすごく恥ずかしい気分にもなります。
作家やライターの皆さんは、本当にスゴイと思います。

投稿者 ホヅミ : 2012年03月19日 12:57

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2013年 9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

カテゴリー